1:2014/06/17(火) 14:52:55.50 ID:
【W杯異聞】大会が始まっても日本のユニホームに難癖つける韓国メディア、サポーターまで標的に

a07008a2.jpg  
写真:コートジボワール戦の前に盛り上がる日本のサポーターたち。韓国は胸の模様を「旭日旗」というが…

サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会に出場する日本代表のユニホームにデザイン化される模様を「旭日旗」と見なして批判を続ける韓国メディアが、日本-コートジボワール戦(15日=日本時間)にも難癖をつけてきた。

韓国紙・中央日報(電子版)は「日本はブラジル大会でも結局、戦犯旗(旭日旗)のユニホームを着用した。観覧席には旭日旗の応援もあった」と報道。

驚くべきことに、この報道が16日付の同紙ニュースランキング(電子版)で1位に記録されており、“反日愛国”のあきれた実態を改めて浮き彫りにした。

中央日報は「日本サッカー協会のエンブレムと日章旗が配置された左胸を中心に11本の光線が広がるデザインは旭日旗を連想される。旭日旗は日本帝国主義の軍旗として使われたので戦犯旗とも呼ばれる」となどと報じた。

ユニホームをデザインしたアディダスはホームページに「11本のライン」と題して「ユニフォームの左胸には、エンブレムを中心に広がる11本のラインを採用。

『円陣』を組んだ後、試合開始に向けてピッチへと広がる選手を表現しています」とデザインの意図をしっかりと説明している。つまり、一体感を強調しているのだ。

旭日旗も本来、朝日を図案化したもので、一般的に広く使われてきており、軍国主義の思想はない。だから、国際オリンピック委員会(IOC)や国際サッカー連盟(FIFA)は政治的表現の禁止規定に背くものではないとしている。

大会直前になって、韓国・誠信女子大の徐敬徳教授が米紙ニューヨーク・タイムズ紙に「旭日旗が使われている」などど意見広告を出し、FIFAのブラッター会長に「削除するよう求めた」手紙を送っても反応がないのは当然のことだ。

それでも懲りない韓国メディアは、さらにコートジボワール戦で日本の観客席に「戦犯旗模様を描いた服を着た日本のファンが登場した」といちゃもんとしか思えない報道を続ける。添付したAP通信が配信した写真を見てほしい。白いかぶりものを着たサポーターたちの胸の部分にあるのは、日本代表ユニホームにデザインされた“11本のライン”を模したデザインだ。

日本のネットには、相変わらずの主張に呆れるほかないとの意見が渦巻いている。「そもそも議論になっていない。あれは旭日旗を表したものではないと発表されているのに、勝手に妄想して言いがかりをつけている」「自分の価値観をごり押しし、相手が認めるまで粘着するとは」「反日しないと国がもたなくなった韓国」などの声が多数アップされていた。

韓国メディアが難癖をつける日本サポーターの装いだが、実は評判がいい。共同通信は15日、日本の第1戦が行われた北東部レシフェの地元紙が「『敗北したが、日本の応援団のカリスマ性はブラジル人の心をつかんだ』と好意的に伝えた」と報じた。

同紙は「仮装したり、戦いの雄たけびを響かせたりしながら、競技場の内外、行く先々で好感を振りまいていた」との記事を、仮装して日の丸を掲げる日本のサポーターの写真とともに掲載。日の丸の鉢巻きを締めて日本を応援した地元男性の「日本人はとても感じがよい」とのコメントも伝えている。

http://sankei.jp.msn.com/sports/news/140617/wco14061711470015-n1.htm

【サッカーW杯】 コートジボワール戦で日本選手、戦犯旗(旭日旗)ユニフォーム着用、客席にも「旭日旗応援」登場[06/15]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1402808734/