(イメージです。)
 
1: 名無しさん@涙目です。 ID:???

メキシコ中部で起きた地震を受けて、現地で行方不明になっている人たちの捜索や救助活動を行うため、日本の国際緊急援助隊が21日午後、成田空港を出発しました。

メキシコ中部で、現地時間の19日午後1時すぎ、日本時間の20日未明に起きたマグニチュード7.1の地震では、これまでに200人以上の死亡が確認され、今も多くの人が倒壊した建物の下に取り残されたと見られています。

これを受けて政府は、行方不明になっている人たちの捜索や救助活動を行うため、国際緊急援助隊の救助チームを派遣することになり、成田空港で結団式が行われました。

救助チームは外務省や警察庁、JICA=国際協力機構などからなるおよそ70人で、結団式では、メキシコのカルロス・アルマダ駐日大使が「メキシコと日本の間には助け合いの歴史がある。日本の支援に感謝する」と感謝のことばを述べました。

国際緊急援助隊の川崎敏秀団長は「我々が現地に到着するころには発災から48時間が経過している。1人でも多くの人を救出できるよう努力したい」と話していました。一行は日本時間の22日未明、メキシコに到着し、10日間程度活動する予定です。
 
http://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20170921/0000811.html
 
=管理人補足=

メキシコ地震で捜索活動 国際緊急援助隊が現地へ(17/09/21)
 

メキシコのM7.1地震 死者223人に 救出活動続く(17/09/21)