1:2014/01/31(金) 18:31:25.52 ID:
6623d61f.jpg

写真: 31日、春節を花火で祝う北京市民(EPA=時事)

 【北京時事】
 中国は31日、春節(旧正月)を迎え、街中に年越しの爆竹や花火が鳴り響き、煙が立ち込めた。しかし中国政府が、深刻化する大気汚染を懸念し、爆竹などの自粛を呼び掛けたこともあり、微小粒子状物質PM2.5の濃度は昨年に比べて改善した。爆竹・花火の販売量も減ったほか、火災・負傷者も減少した。
 31日付の中国紙・新京報によると、北京市内では大みそかの30日夕からPM2.5濃度は上昇し、31日午前0時には最高地点で1立方メートル当たり246マイクログラムに上り、最悪の次の「重度汚染」を記録した。爆竹・花火の使用は午前0時から1時にピークを迎え、午前1時には所によって451~544マイクログラムに達し、最悪の「深刻な汚染」レベルとなった。
 ただ2013年の春節は最高で1000マイクログラム超、12年は1593マイクログラムを記録しており、今年の春節のPM2.5濃度は大きく改善した形だ。


jiji.com: 2014/01/31-14:41
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2014013100545

関連スレ
【中国大気汚染】北京 PM2.5最悪の汚染に[01/16]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1389876132/
【中国】PM2.5は「自然災害」[14/01/07] (dat落ち)
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1389096325/
【中国大気汚染】米大使や観光客、外国人ビジネスマンも逃げ出す北京の凄まじき「PM2・5」…あまりの酷さに「遷都論」も浮上[1/7]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1389071271/
ほか