経済 
photo credit: Tokyo Stock Exchange via photopin(license) 
(イメージです。)

1
:2014/01/04(土) 11:41:33.09 ID:
○「韓国、今後5年間注目すべき世界6大投資市場」

今後5年間グローバル投資家が注目すべき世界6大市場に韓国が含まれた。
米外交専門誌フォーリンアフェアーズ(FA)は2日(現地時間)、新年号特集で、経済規模、最近の動向、成長潜在力などを考慮し、このように選定した。

同誌が選定した「有望地域(up-andーcomer)は韓国、メキシコ、ポーランド、トルコ、インドネシア、フィリピン、メコン川流域圏。新年特集記事を共同執筆したギディアン・ローブ編集長とジョナサン・テッパーマン編集主幹は、これらの国と地域が「中国の成長の勢いが鈍り、国際商品市場ブームが消えていく中、これから繁栄する可能性が高い地域」と評価した。地域ごとに解決すべき挑戦課題を抱えているが、グローバル経済で重要な役割をするということだ

特に、韓国とポーランドはそれぞれ中国とドイツという巨大経済圏に隣接した地理的利点をよく生かし、この数十年間、急速に経済が発展したと分析した。先進国市場に比べて変動性は大きいが、製造業が経済の主軸という点も投資家には魅力的だと説明した。ローブ編集長は「10年前まで新興市場に関心が集中していたが、グローバル金融危機が近づいて力を失い、BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国)の成長の勢いも鈍っている」と指摘した。

フォーリンアフェアーズは6大市場に対する専門家の診断と予想も掲載した。ピーターソン国際経済研究所(PIIE)のマーカス・ノーランド副所長は韓国について、「新興市場と呼ぶのは時代錯誤的だが、正確に言えば先進国でもない」と論評した。特に、韓国は人口高齢化、所得不平等、地政学的な不安定性、中国の景気鈍化など、さまざまな挑戦に直面していて、特に北朝鮮が韓国経済に最も大きな負担となっている、と指摘した。

ノーランド副所長は「戦争や北朝鮮崩壊状況を避けても、安保の脅威や突然の南北統合は、韓国国民はもちろん、韓国内でビジネスチャンスをうかがう外国人投資家に実質的なリスクとなる可能性がある」と説明した。

□ソース:中央日報
http://japanese.joins.com/article/189/180189.html