ノムヒョン 

1
:2014/01/04(土) 11:44:37.60 ID:
 故・盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領の記念事業として建設される「盧武鉉センター」に40億ウォン(約3億9700万円)の予算が配分されることになった。

 国会予算決算特別委員会が3日発表したところによると、国会は今月1日未明に成立した
2014年度予算に、盧武鉉センターの建設費40億ウォンを計上した。

 盧武鉉センターの建設に関する予算は、政府が昨年10月に国会に提出した予算案には計上されていなかったが、国会の審議の過程で追加されたものだ。予算決算特別委で野党・民主党の幹事を務める崔載千(チェ・ジェチョン)議員が強く主張したことで、予算案に反映された。崔議員はこの日、自分のブログに「盧武鉉大統領記念館の予算は私の名前で計上した予算だ。予算決算特別委の幹事として責任を負い、非難を覚悟の上で、予算案の最後の部分に計上した」と述べた。

 盧武鉉センターは、図書館や展示スペース、講義室、研究室などからなり、総予算は550億ウォン(約54億5700万円)となっている。盧武鉉財団は同センターの設立に向け、政府から165億ウォン(約16億3700万円)の支援を受け、また募金などによって385億ウォン(約38億2000万円)を調達する計画だ。「前職大統領礼遇法」に基づき、2010年から16年までの7年間の事業として計画されたが、10年度から11年度にかけ85億ウォン(現在のレートで約8億4300万円)が配分された後、12年
度と13年度には予算が配分されず、用地の購入などの手続きが進んでいない状態だ。

source:朝鮮日報 
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/01/04/2014010400622.html