経済 電卓 
photo credit: Finance via photopin(license)
(イメージです。)

1
:2014/01/04(土) 20:00:33.60 ID:
韓国と中国の貿易が年々増加し、3年以内に日本と中国の貿易規模を上回るとの見方が出ています。これは日本経済新聞が4日、中国税関総署の資料を分析して伝えたものです。

それによりますと、去年1月から11月までの韓国と中国との貿易額は2500億ドル、およそ25兆円で、前の年の同じ期間と比べて7.4%と大きく伸びました。
一方、この期間の日本と中国の貿易額は前の年より6.2%減って、およそ2840億ドルでした。
この結果、韓中と日中の貿易額の差はおよそ340億ドルに縮まり、中国では「3年以内に日中と韓中の貿易額は逆転する」との見方が出ているということです。

韓中の貿易額が増えたのは、韓国の三星電子やLG電子のスマートフォンなどの中国向け輸出が増えているほか、ポスコも自動車用鋼板や厚板などの輸出が伸びているうえ、両国の間に政治的な対立が少ないこと、部品や素材など中間財の輸出入が好調で、貿易取引が成長する余地が多きいことによるものと分析されています。
一方、日本と中国の貿易額が減少したのは、中国に進出する日本企業が増え、これらの企業が原材料や部材の現地調達率を高めていることがあげられています。


KBS: 2014-01-04 14:12:10
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_Ec_detail.htm?No=48849&id=Ec