水

1
:2014/06/12(木)19:11:01 ID:
地下水上水道10%、ウラニウム・ラドン超過検出
ウラニウム最高11.6倍・ラドン5.5倍…「長期間過度に露出すれば危険」

地下水を使用する村の上水道10ヶ所のうち1ヶ所でウラニウム、ラドンなど自然放射性物質が基準値を超過して検出された。
 
環境部は昨年全国101個の市・郡・区の616個の村の上水道を対象に自然放射性物質を調査した結果、22個の地点(3.6%)でアメリカのウラニウム飲水水質基準(30μg/l)を超過したことが明らかになったと12日明らかにした。

また、58個の地点(9.4%)はアメリカのラドン提案値4000pCi/lを超過するラドンが検出され、2個の地点(0.3%)はアメリカの全アルファ線飲水水質基準15pCi/lを超過した。

ウラニウムはアメリカ飲水水質基準の11.6倍である最高348.73μg/lが検出された。

ラドンは最高2万1千937pCi/lが検出されてアメリカ飲水提案値の5.5倍を記録した。全アルファ線はアメリカ飲水水質基準の約3倍である最高44.48pCi/lが出てきた。

自然低減特性を確認した結果、ウラニウムは濃度がほとんど一定で自然低減されないと明らかになった。ラドンは原水に比べ取っ手水(家庭の水道蛇口から出る水)で平均40%の低減率を見せた。

一方100個の個人家庭を精密調査した結果、ウラニウムは2個の地点(2.0%)、ラドンは31個の地点(31.0%)、全アルファ線は2個の地点(2.0%)でそれぞれアメリカの飲水水質基準と提案値を超過した。

環境部は「自然放射性物質基準を超過した地下水を飲むと健康にすぐに異常が生じるのではないが、長期間過度に露出すればウラニウムは化学的毒性による腎毒性が、ラドンは肺癌または、胃癌が一部の人に現れる可能性がある」と話した。

環境部は自然放射性物質が超過検出された地域の地方自治体に管理指針を通知して地下水飲用を自制することを知らせるように頼んだ。

韓国日報(韓国語)
http://daily.hankooki.com/lpage/society/201406/dh20140612125958137820.htm