1:2014/06/12(木) 22:51:30.68 ID:
12日付の英紙タイムズは、中国が李克強首相の16日からの英国訪問に際し、エリザベス女王との面会を要求し応じないなら訪問を撤回すると脅していたと報じた。英国は結局、面会を受け入れた。

 同紙は、女王は外交戦で「人質」にされたとし、李氏は国家元首ではなく、経済協力が主な訪問目的なのに女王との面会のために脅しをかけたと強調。

「英国が(中国への)巨額投資で損をしないよう必死になり、英中関係の不均衡が拡大している証拠だ」と指摘した。

 英政府筋は同紙に「中国人は強硬な交渉相手だ」とこぼしたという。