司法 裁判 

1
:2014/06/11(水) 21:48:17.64 ID:
イ・ジュンソク船長「セウォル号は自らの問題で沈没…過失ない」

2014-06-10 17:26

光州(クァンジュ)地方裁判所刑事11部(部長判事イム・ジョンヨプ)は10日殺人および殺人未遂疑惑などで起訴されたイ船長ら職員15人に対する初めての公判準備期日を進めた。

この日船長側弁護人は「誤りがあるならば明明白白に明らかにし相応する処罰が下されなければならない」としながらも「セウォル号は船体自らの深刻な問題で沈没したので今回の事故とイ船長の過失の間には因果関係がない」と線を引いた。

船体の深刻な損傷と貨物適材、平衡の不足など船長が統制することはできない部分が問題になって事故が発生したという主張だ。中略

「事故直後操舵室に移動して平衡維持のために努力したことはもちろん退避命令に先立ちライフジャケット着用を指示するなど最善を尽くした」と主張した。

引き続き「保護措置をしないで脱出したという趣旨で話されているがイ船長は海上警察によって操舵室内の人で最も最後に救助された」として「船員法違反疑惑を求めることができるのか疑問」と指摘した。中略

このような主張に傍聴席にいた遺族たちは「いい加減にしろ」「そんなこと言って飯を食わせてもらってるのか」などと怒りを表出した。以下略

http://news.naver.com/main/ranking/read.nhn?mid=etc&sid1=111&rankingType=popular_day&oid=008&aid=0003276684&date=20140610&type=1&rankingSeq=103&rankingSectionId=102