(イメージです。)
 
1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/08/30 12:17:19.09 ID:CAP_USER.net
歌舞伎町の案内人として知られる李小牧さん。中国人から日本人に国籍を変え、2015年の新宿区議選に挑戦しました。結果は落選でしたが、次の選挙での当選を目指し政治の世界に挑んでいます。

「投票に行くのはお年寄り。若者が無関心」と嘆く李さんに、政治の世界から見えた日本について聞きました。

「新宿案内人李小牧」が政治家へ

李さんは1988年に来日し、日本語学校やファッションの専門学校に通いながら、ラブホテルの清掃係やティッシュ配りもしました。

その後、ファッション雑誌の記者、作家、レストランの経営者など様々な職業を経験。中国版ツイッターの微博では「新宿案内人李小牧」というアカウントを持ち、22万人近くのフォロワーがあります。

長く夜の世界で生きてきましたが、2015年4月の新宿区議選で日本人に帰化をして立候補。結果は400票差での落選でした。

蓮舫氏辞任に「よかった。痛快です!」

帰化を決断した李さん。国籍問題で揺れた蓮舫氏には批判的です。

「政治家なら個人の利益を犠牲にするまで国益を守るべきです。蓮舫氏は正反対でした。リーダーとしての資質がないと思いました」

李さんが書いた批判記事はネット上で拡散しました。民進党員としての発言でしたが、党からの「おとがめ」はなかったと言います。

「民進党からの嫌がらせや、離党の押しつけなどは一切ありませんでした。これも日本の民主主義ですね」

「若者たちが政治に無関心」

日本の政治の世界に入った感想は、どんなものだったのでしょう?

「日本の政治はやはり『老人政治』だと思います。投票に行くのはお年寄りで、若者たちが政治に無関心です」

なぜ、若者が選挙に関心を持たないのか?

「内向き志向で、生の政治を学ぶ機会がないことが理由」だと言います。

中国では「共産党のコントロールで当選者がすでに決まっている」ため、選挙権を持っていなかったという李さん。今、日本人となって選挙権も被選挙権も持っていることに「大きな感銘を受けている」と語ります。

日本の若者に対しては「もっと若者の声を出したい。出してもらいたい。若者は国家の未来であり、国家の宝物です」と訴えています。

「歌舞伎町大学」で修行

李さんは2004年から「ニューズウィーク日本版」でコラムを連載しているほか、多くの著書も日本語で出しています。

中国では中学校2年で中退し、正式な学歴は「小卒」しかなかったという李さん。

「歌舞伎町は私の大学です。私はここを『歌大』と呼んでいます。ここでの生活をよく観察することで、たくさんのことを得てきました」

これまでの人生では、たくさんの苦労と挫折を経験してきましたが「楽観的な態度で生きています」と話す李さん。

「今まで会ってきた人や経験したことは、すべて我が師です。ホスト、ホステスからは、サービス精神というものを勉強しました。また、いい意味での八方美人というか、多種多様な文化や人種への対応も学んできました」

今は、香港のテレビ局、フェニックステレビの人気トークショー「鏘鏘三人行」に出演するほか、北京にも会社を作り、映画や出版に携わっています。

「選挙にはお金も人手も時間も必要です。まずはお金も稼がないといけない。北京での事業や、レストランも経営しながら、選挙資金を捻出しています」

次の新宿区議選を視野

目標は、2年後の新宿区議選です。2015年4月の選挙では、投票日が帰化した2カ月後という短期間だったため、準備不足が響いたと言います。

区議になって取り組みたいことは、大きく三つあるそうです。

https://withnews.jp/article/f0170830000qq000000000000000W02310101qq000015733A
 
>>2以降に続く)
 
=管理人補足=
一部ソース元と若干異なる部分があります。
スレが立った後に元記事が更新されたのではないかと思います。
該当部分は紫色の部分です。
また、ソース元には画像が6点あります。