1:2014/06/11(水) 12:24:18.70 ID:
中国・鳳凰体育は10日、「韓国メディアがグループ内のライバル3チームを犬に加工、W杯の野心は誰の目にも明らか」と題した記事を掲載した。

サッカー・ワールドカップ(W杯)ブラジル大会のHグループで韓国のライバルとなるベルギー、アルジェリア、ロシアの選手を韓国メディアが人面犬に加工し、野心をむき出しにしている。

ボールを追いかけるように走る韓国代表FW、朴主永(パク・チュヨン)のすぐ後ろを走る1匹の犬。顔だけがロシアのアルシャヴィンになっている。その後ろに続く2匹もそれぞれ顔だけがベルギーとアルジェリアの選手という人面犬だ。

韓国代表にグループ1位で通過してもらいたいという韓国メディアの切実な願いが込められた加工写真だと思われるが、10日午前、ガーナと強化試合に臨んだ韓国代表は0-4で完敗。怒り心頭の一部サポーターから「ブラジル行きは税金の無駄遣いだ」といった声もあがっている。

2014/06/10 18:28
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/385356/
http://2014.ifeng.com/h/detail_2014_06/10/36751409_0.shtml 
cdf53a9f.jpg