(動画からです。)
 
1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/08/26 10:16:21.54 ID:CAP_USER.net
韓米両国は、慶尚北道星州の高高度防衛ミサイル(THAAD)基地に、残余のTHAADランチャー4基を来週配備する可能性が高いことが25日までに分かった。

韓国国防部(省に相当、以下同じ)の当局者は、THAADの配備と関連して「小規模環境影響評価が終わったら、韓米間の合意を経て(施設工事のための)資材・装備を入れなければならない。

その時点で、(まだ配備されていないランチャーの)臨時配備に関する部分についても韓米が協議し、日取りを決めるだろう」「日取りが決まったら、少なくとも一日前には公開したい」と語った。

環境部が先月24日から行ってきた小規模環境影響評価は、今月28日ごろ終わる予定だ。その後すぐに電気工事や平坦化作業など、今年4月に野戦配備されたTHAAD部隊が安定的に駐屯するための施設工事が始まる。

国防部関係者の発言は、この工事に必要な資材・装備を投入する際、未配備のランチャー4基も一緒に入れたいという意味だ。4基のランチャーは現在、近くの在韓米軍基地で4カ月以上も保管が続いている。

韓国大統領府(青瓦台)の鄭義溶(チョン・ウィヨン)国家安保室長は24日「(ランチャー)4基の臨時配備が近く完了するものと期待している」と発言した。

また、保守系の野党「自由韓国党」のイ・チョルウ議員は「李洛淵(イ・ナクヨン)首相が、『米国が30日までにランチャ4基を追加配備するよう要求してきて頭を痛めている』と言った」と主張した。

米国側は、このところ「技術的理由」を挙げて韓国側に残余のランチャーの配備日程を短縮するよう要請しているという。

在韓米軍の関係者は「THAADのランチャーも、ほかの武器と同じように、長期間稼働させなかったら問題が生じる」と語った。大統領府もこうした雰囲気を否定していない。

国防部の宋永武(ソン・ヨンム)長官の訪米時期も、THAADの早期配備に影響を及ぼすものとみられる。

29日に韓国を出発する宋長官は、30日に米国のジェームズ・マティス国防長官、ハーバート・マクマスター大統領補佐官(国家安全保障問題担当)、31日にハリー・ハリス米太平洋軍司令官とそれぞれ会談して戻ってくる。

韓国政府の関係者は「訪米前に残余のランチャーの問題が片付けば、会談の雰囲気や訪米の成果に大きく役立つだろう」と語った。

李竜洙(イ・ヨンス)記者

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/08/26/2017082600304.html
 
MIZUHO no KUNI 関連記事
【韓国】突破口見えない対中関係、文大統領の年内訪中も不透明 中国にTHAADの共同調査を提案へ! ⇒2ch「アホだろ韓国www」(2017/08/25)
【韓国】THAAD:在韓米軍レーダー、中国の動きを探知できない場所に配備 ⇒2ch「動かせるのになに言ってんの?」(2017/08/19)
 
=管理人補足=

google翻訳です。読み難い部分もありますが、ご了承下さい。
この動画ニュースはPosted : 2017-08-27 00:14です。
 
サード発射台4基、追加配置切迫兆候/ YTN
2017/08/26に公開
 
[アンカー]
サード残り発射台4基の一時的配置が迫っているという観測が出てきています。

小規模な環境影響評価の結果が出てくる明後日(28日)や韓米国防長官会談のためにソンヨウンム長官が出国するグルピ(29日)ぐらいが有力な日付に数えられています。

ガンジョンギュ記者です。

[記者]
去る4月YTNに移動シーンが捕捉されたサード発射台4基、サード配置の手続きの正当性の是非等のため慶尚北道星州周辺の米軍部隊に保管されていました。

しかし、北朝鮮の火星-14型発射などミサイル挑発が相次ぐ韓米両国は、残りの発射台4期まで一時的に配置する案を緊密に協議してきました。

[定義用/国家安全保障室長(過去24日):
サードランチャー残り4基の一時的配置は、近いうちに完了することを期待しています。 (近いうちにというのは、今年出せ受け入れれば良いでしょう?)それよりは、はるかに速く完了と思われる。]

政界では、配置がすぐに迫っているという話まで流れました。

[イ・チョルウ/国会情報委員長:
それは明らかに(米国側から)8月までくれは、要求があった...だから私が見る時はしようとすることがあります。]

実際サード基地の1次供与敷地の小規模な環境影響評価の結果は、明日(28日)ぐらい出てくると思われます。

去る18日、環境部が住民の反対失敗に終わった金泉革新都市での電磁波測定値を補完するように要求し、一時的に配置予定が多少遅れること契丹の見通しもありました。

しかし、軍当局は23日夜の間金泉地域で電撃的に電磁波を測定するなど、急いで姿を見せました。

特に韓米国防長官会談のために29日、米国で去るソンヨウンム長官が出国前にサド一時配置を決着という観測があります。

国防部はただ、最後の4月と同じ奇襲配置はないだろうと、少なくとも一日前に、地域住民に告知すると強調しました。

YTNガンジョンギュ[live@ytn.co.kr]です。