(イメージです。)
 
1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/08/19 10:54:35.14 ID:CAP_USER.net
北朝鮮危機:韓国政界に波紋呼ぶ文大統領の「レッドライン」発言
「核弾頭搭載ICBMはレッドラインでなくブラックライン」


文在寅(ムン・ジェイン)大統領が17日に「北朝鮮の核問題のレッドライン(越えてはならない一線)」に言及したことをめぐり、政界で論争が巻き起こっている。

野党3党は18日、文大統領がレッドラインを「大陸間弾道ミサイル(ICBM)に核弾頭を搭載し、兵器化すること」と規定したことについて、「北朝鮮の核脅威の射程圏に入っている韓国のレッドラインとしては正しくない。北朝鮮に対して核保有も容認できるという間違ったサインを送る可能性がある危険な発言だ」と批判した。

その一方で与党側は「レッドライン発言は北朝鮮の挑発行為抑制を念頭に置いた警告だ」としている。しかし、専門家らは「レッドラインを越えた場合にこれといった対策がない状況だ。いっそ『戦略的なあいまいさ』を維持していた方がましだ」と話している。

野党各党の議員らは同日、国会国防委員会の鄭景斗(チョン・ギョンドゥ)合同参謀本部議長候補に対する人事聴聞会で、文大統領のレッドライン発言を集中的に取り上げて問題視した。

野党・自由韓国党の李鍾明(イ・ジョンミョン)議員は「ICBM級ミサイルを完成させ、これに核弾頭を搭載するのは金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が目標としていることなのにもかかわらず、文大統領はそれを保障するというのか」と反発した。

同党の鄭鎮碩(チョン・ジンソク)議員は「北が核兵器の小型化・軽量化に成功すれば、韓国にとっては既にレッドラインを越えたことになる」と述べた。

野党・国民の党の金中魯(キム・ジュンロ)議員も「文大統領のレッドライン発言を聞いた時、米大統領の発言かと思った」と言った。

韓半島(朝鮮半島)全域を射程圏に収める北朝鮮の中距離・短距離ミサイルが実戦配備されている状況で、「ICBMに核弾頭を搭載すること」をレッドラインと規定したのは、韓国の安全保障状況に合致しないということだ。

一方、与党議員らは聴聞会で、「レッドライン発言は北朝鮮に対する警告メッセージ」だと強調した。与党・共に民主党の禹相虎(ウ・サンホ)議員は「政治・外交的な(北朝鮮に対する)警告の意味としての(レッドライン)発言は良かった」と言った。

鄭景斗氏も聴聞会の回答で「大統領の言葉は袋小路に向かっている危機的な状況を可能な限り抑制しようという意味だと聞いている」と述べた。

これに関連して大統領府の関係者は同日、本紙の電話取材に「大統領のレッドライン発言は、北朝鮮にレッドラインを越えてはならないという警告と、レッドラインを越えれば厳重な措置が取られるという決意が込められたものだ」と説明した。

与野党指導部も同日、文大統領のレッドライン発言をめぐり、場外で攻防を繰り広げた。

自由韓国党の鄭宇沢(チョン・ウテク)院内代表は党会議などで「今、北朝鮮が持っている(短距離弾道ミサイル)スカッドや(中距離弾道ミサイル)ノドンに核弾頭を付けて韓国を狙ったら、(これをレッドライン越えと言わずに)一体何だと言うのか。文大統領の発言は飛んでもないことを引き起こす言葉だ」と批判した。

野党・国民の党の朴柱宣(パク・チュソン)非常対策委員長も「文大統領が概念化したレッドラインは、韓国の立場ではレッドラインになり得ない」と言った。

野党・正しい政党の朱豪英(チュ・ホヨン)院内代表は「文大統領の発言は北朝鮮に対して『ICBMに核弾頭を付けていない(発射)試験は容認する』という意味に受け取れる」と指摘した。

これに対して、国政企画諮問委員会の報道官を務めた共に民主党の朴光温(パク・クァンオン)議員はラジオのインタビューで、「(文大統領が)その話(レッドライン発言)をせずに済ませていたら、『何も特別なメッセージがない』という批判が起こっていたかもしれない」と反論した。

専門家らは「北朝鮮がレッドラインを越えた時、具体的にどのようにするか言及していないレッドライン発言は敗着(囲碁で敗因となる石の置き方)になるかもしれない」と話す。

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/08/19/2017081900509.html

>>2以降に続く)