1:2014/06/09(月) 07:04:44.03 ID:
 中国の旅行会社である中富国際旅行社はこのほど、内モンゴル自治区オルドス市にあるゴーストタウン(鬼城)を観光資源として活用する旅行プランを発表した。中国メディアの光明網は同旅行会社の関係者の発言として「ゴーストタウンを旅行者で賑わう街に変えられるものと信じている」と報じた。

 記事は内モンゴル自治区オルドス市について、「中国でもっとも富のある都市であると同時にゴーストタウンがあることでも知られる」と紹介、米国のテレビ番組でも同市の康巴什新区のゴーストタウンが取り上げられた過去があると伝えた。また、2010年4月には
米誌タイムズが「現代のゴーストタウン」と報じたほか、英BBCが「中国最大のゴーストタウンだ」と報じたことを紹介した。 

 オルドス市のゴーストタウンである康巴什新区は50億元(820億円)以上を投下して造られた「ハイグレード」な居住区で、記事によれば「世界最大の彫刻群、世界最大の広場」といった「世界一」が数多く存在する。また面積は32平方キロメートルにわたり、人口100万人を目指して作られた。しかし現在の人口は10万人ほどにとどまっている。

 それでも当初の人口がわずか3万人だったことに比べれば、現在の人口でも3倍以上に増えたことになる。しかし、100万人が居住するはずだった「豪華な居住区」に10万人しか住んでいないとなれば、その廃れ具合はゴーストタウンと呼ぶにふさわしいだろう。

 「オルドス」とはモンゴル語で「数多くの宮殿」を意味する言葉で、内モンゴル自治区の新興都市であるオルドス市には馬頭琴の演奏やモンゴル族によるキャンプファイヤー、さらにチンギス・ハンの霊廟など数多くの観光資源が存在することは事実だが、ゴーストタウンを果たして観光資源として活用できるのか、注目が集まっている。

ソース(Yahoo・サーチナ) 
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140609-00000026-scn-bus_all

写真 
4587題

=管理人補足=
コメントの最後に動画があります。
写真じゃ分らない様子が映っています。