1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/08/18 22:31:39.27 ID:CAP_USER.net
(北京 18日 中央社)
 
中国大陸のメディアを監督する国家新聞出版広電総局がケンブリッジ大学出版局に対し、傘下の学術誌「China Quarterly」に収録された、台湾や香港、天安門、チベットなどに関する論文や書評計300本以上を中国大陸内に同出版局が開設するウェブサイトから削除するよう要請していたことが18日、分かった。


同出版局はサイト全体が閲覧不能にされるのを回避するため、削除対象となった文章をすでに非公開にしたという。

同誌編集者が編集委員会のメンバー宛てに送信したとされるメールによって明らかになった。メールによると、数カ月前には同出版局のデジタル書籍1000点余りに対しても同様の要請があったという。

中央社の記者は18日午後、同出版局の北京代表処に電話取材したが、電話での回答は拒否され、メールで問い合わせるよう求められた。だが、同午後7時の時点までに回答は得られなかった。

(邱国強/編集:名切千絵)
http://japan.cna.com.tw/news/achi/201708180012.aspx