1:2014/06/08(日) 19:59:44.80 ID:
(画像)
 f63f63c0.jpg 
7b780002.jpg  

 サムスングループの李健熙(イ・ゴンヒ)会長の後継者として確実視されているのは45歳の長男李在熔氏(イ・ジェヨン)と2人の娘で、最高50%の総額60億ドルの相続税を払わなければならないかもしれない。

 李健熙会長の資産の中でサムスン電子、サムスン生命保険などの株式が大きな比率を占め、時価総額は13兆ウォン(約127億ドル)に上る。

 株式はサムスン一家の子会社の経営権において極めて重要なので、李氏家族は株式を守るために全力を尽くすと見られる。

(翻訳 崔蓮花)

新華ニュース 2014年06月07日 11時07分
http://www.xinhuaxia.jp/social/37057

MIZUHO no KUNI 関連記事


「つか、これって脳死…??」 ⇒ 【サムスン】会長が一般病室へ移る、韓国では死亡報道も
仏罰キタ━(゚∀゚)━?!「株価急落か?」「内紛勃発か?」 ⇒ 【韓国】サムスンのイゴンヒ会長が緊急搬送、心肺蘇生手術