1:2014/06/08(日) 21:14:58.07 ID:
(原文の朝鮮語を機械翻訳した後、記者が微修正)

  セウォル号国条特別委員会・家族対策委"画期的なレベルの法案用意"
  「被害家族の生涯ライフサイクル全体にわたって継続支援を受けられるようにする」

(画像)
9e2ba28c.jpg  

 国会セウォル号国政調査特別委員会の委員会とセウォル号の犠牲者、行方不明者、生存者、家族対策委員会は8日、「国会は、年月号特別法の制定を通じて、災害対応および事後対応システムを確立するに当たり、類例がなく、先進国がベンチマークすることができる画期的なレベルで法律案を用意する」と明らかにした。

 この日、国会セウォル号沈没事故の真相究明のための国政調査特別委員会に所属する幹事であるセヌリ党ジョ・ウォンジン議員や、新しい政治民主連合キム・ヒョンミ議員らが、国会で記者会見を開き、「一回限りのサポートと報酬で終わるのではなく、被害家族が生涯ライフサイクル全体にわたって継続サポートを受けることができるよう、制度やシステムを構築する」と明らかにした。
 また「被害地域に対する政府支援策の妥当性を確認し、その後の対策を講じできるようにして、被災地の経済、社会的に回復の基盤を用意することができるようにする」とも明らかにした。

 これらは、今後行われる国政調査と関連しても「真相究明におけるセウォル号の被害家族の参加を保証し、特に聖域のない真相調査のためにすべての情報を透明に公開するようにする」と明らかにした。これらは「答えは現場にある」とし「このため、国会は、セウォル号国調特別委員会の現場本部を、珍島の室内体育館に設置し、現場担当議員を割り当てするようにして、行方不明者家族の声に常に向き合って調査し、救助のために可能なすべての措置を責任を持って実行できるように、すべてのサポートを尽くす」と話した。

 引き続き「特に潜水士の安全性の問題は国会でも格別にチェックして、これ以上の事故が発生しないようにしたい」とするだけでなく、「行方不明者の流出が二度と発生しないよう、積極的な対策を用意して実行するように措置する」と付け加えた。

 また、「海軍と海上警察は、新しい調査、救助案を研究して実行するにあたり、国会も専門家集団の助言を通じ、これを責任を持って後押しする」と明らかにした。

【ニュース1]

中央日報 2014.06.08 16:21
http://joongang.joins.com/article/755/14900755.html?ctg=1002&cloc=joongang|home|newslist1