1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/08/18 17:32:04.64 ID:CAP_USER.net
【ソウル聯合ニュース】
 
18日午後3時ごろ、韓国北部の江原道鉄原郡にある陸軍部隊の射撃場で自走砲「K9」の砲撃訓練中に爆発事故が発生した。この事故で重軽傷を負った7人が近くの病院に移送されたが、1人が治療中に亡くなった。


軍関係者は「訓練中に火砲の内部で原因不明の出火があり、兵士が負傷した」と話している。陸軍は事故原因などを調べている。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2017/08/18/0200000000AJP20170818004200882.HTML


自走砲「K9」(資料写真)=(聯合ニュース)
 
=管理人補足=

google翻訳です。読み難い部分もありますが、ご了承下さい。
この動画ニュースはPosted : 2017-08-18 18:10です。
 
陸軍前方部隊の砲射撃訓練中爆発... 1人死亡/ YTN
2017/08/18に公開
 
[アンカー]
今日の午後、江原道鉄原の砲兵部隊から自走砲射撃訓練をする途中で爆発事故が起きました。
今日の事故で安全管制官叔母軍曹が死亡、6人が重軽傷を負った。
 
取材記者接続します。キム・ジソン記者!
事故がいつ私のですか?

[記者]
事故が起きた時刻は今日の午後3時20分ごろです。
江原道鉄原郡ガルマルウプの陸軍前方部隊の射撃場でk-9自走砲射撃訓練中爆発事故が発生しました。

事故直後重傷者2人がヘリコプターを利用して、病院に緊急搬送されたが、このうち副士官1人が死亡しました。

死亡した人は、安全管制官27歳が某中佐で確認された。

事故当時のキャンバス内には、7人が搭乗した副士官3人の兵士4人です。

一般的に、自動装填されているK-9射撃訓練には、フォー1ステートメントごと包班長、射手とブサス、1回捕手、操縦手など5人が乗ったが、今日の訓練は安全管制官2人が追加でキャンバス内に搭乗した軍当局は伝えました。

正確な事故原因は、現在把握しています。

軍関係者は、砲射撃訓練中のキャンバス内での原因を知ることができない火が出たとし、現在の正確な事故経緯を調査していると明らかにした。

今日の部隊は砲撃訓練10ドアが進行され、このうち5番目自走砲で事故が起きたことが知られました。

K-9は、私たちの技術で開発した交差点40㎞級155㎜自走です。

世界初の弾薬と装薬の供給を自動化した自走砲で、現在部品や機器を複数の国に輸出しています。

詳細事故の経緯と被害状況ニュースは入り次第お伝えいたします。

これまで統一外交安全保障でYTNキム・ジソン[sunkim@ytn.co.kr]です。