消火器 火 

1
:2014/06/07(土) 18:56:28.71 ID:
車内「崩壊」・・・保険会社が「安全への願い」込め顧客に贈った消火器、まさかの爆発=中国

 中国・吉林省琿春市内で5月31日、乗用車内で車両用消火器が爆発した。保険会社が多額の契約をした車主に贈ったものだった。ダッシュボードやメーター類が粉砕され、一面に白い消火剤でまみれるなど、車内は「崩壊」状態になった。城市晩報などが報じた。  

 車主は女性。5月31日午後に、同女性の息子が運転して出かけ、所要先の建物近くに停車しておいた。5時半ごろに戻って車に近寄ると、ドアの隙間から白い煙がたなびいていた。 

 とっさに「燃えている!」と思った。急いで中を見ると、車内一面が白い粉にまみれていた。
ダッシュボードは破壊されて脱落し、メーター類も破壊されていた。ダッシュボードに入れていたはずの消火器は、「鉄の皮」状態になり助手席に広がっていた。その時になり「車両用消火器が爆発した」と分かったという。

 車主の女性によると、消火器は保険会社からもらったものだった。自動車保険とその他の保険で、高額かつ複数の契約をしたので、保険会社が「万一の場合のために」と消火器2本をプレゼントしてくれたという。女性はうち1本を、保険の対象となった乗用車に積んでいた。安全確保のための消火器が「まさか爆発するとは思いませんでした」という。

 保険会社にすぐに連絡した。保険会社は、「きちんと弁償します」、「贈った消火器の残りの1本は引き取ります」と表明。その後、消火器を保険会社に納品した業者を通じて、メーカーと連絡して、製品爆発の処理を巡って協議を始めたという。

 中国では工業製品が爆発し、責任の所在を巡って消費者と流通業者、メーカーが対立することがよくある。偽物や法律違反の劣悪品が爆発し、メーカーの所在が分からないこともある。本件爆発の場合、女性は保険会社の対応に、特に不満を示していない。

 5月31日の琿春市は熱波に見舞われていた。同市消防署の劉徳生指導員は、「暑い時期に車内に車両用消火器を放置していた場合、爆発するのでしょうか?」との問いに対して「普通はしません」と答えた。例外として「暑い時期に車内に放置した別の物が爆発した場合に、誘爆することはあります」という。火災の場合にも、内部の圧力が上昇して爆発することがある。  

 また、車内で日光にさらされ続けるなどで、内部の温度が極めて高くなった場合にも、絶対に爆発しないとは言い切れない。なによりも考えねばならないのは「もともと、劣悪な商品だった」場合で、劉指導員は、消火器の爆発に遭遇しないためには「正規の工場で生産された消火器を買うことをお勧めします」と述べた。

 同爆発で死傷者は出なかった。保険金支払いの対象になったかどうかは、伝えられていない。

サーチナ 2014-06-07 12:45
http://news.searchina.net/id/1534396