1:2014/06/07(土) 09:38:22.06 ID:
「無償化」板橋集会デモ、114人が参加
下村文科相に集会決議提出へ
板橋集会デモ
 2e0579d0.jpg 
5月31日、板橋区立グリーンホール(東京都板橋区)で「高校無償化」からの朝鮮学校排除に反対する板橋集会が行われた。(同実行委員会と「高校無償化」からの朝鮮学校排除に反対する連絡会の共催)

集会に先駆けて、主催・共催団体を代表して堀純さん、長谷川和男さんの挨拶が行われた。
その後、こども教育宝仙大学の佐野通夫教授による講演「朝鮮学校がなぜあるのか~『無償化』排除の不当性」が行われた。次に東京朝鮮中高級学校の愼吉雄校長と生徒、保護者や板橋市民らが発言し、最後に下村博文文科相に提出する集会決議が採択された。閉会後参加者は大山駅近辺、下村事務所付近でのデモ行進を行った。

2010年2月20日に中井拉致問題担当相が「高校無償化」から朝鮮学校除外を求めたことをきっかけに「全ての学校に高校授業料無償化を!練馬の会」が発足し、毎月「無償化」を求めるビラ配りを行ってきた。今回の集会はその板橋・練馬の市民が中心になって、下村文科相の地元である板橋区大山で行われた。

ビラ配りに4年間参加してきた李英順さんは当時を振り返り「4年前の3月に大雪の中で30人以上の市民の方々がビラ配りをしてるのを見て、胸が熱くなった。権利とは地道に闘う中で得られるものであり、本当の親善とは連帯する内に育まれるもの。これからも共に頑張りたい」と語った。

集会決議は後日、下村文科相の事務所に提出する予定だ。

(金宥羅)
2014.06.04 (10:52)
http://chosonsinbo.com/jp/2014/06/0604yr/