キムヨナ 

1
:2014/06/06(金) 09:07:42.35 ID:
 国際スケート連盟(ISU)が4日(韓国時間)、今年のソチ冬季五輪フィギュアスケート女子シングルの判定に関する異議申し立てを棄却したことを公式ホームページ上で告知した。

 ソチ冬季五輪のフィギュア審判団には1998年の長野冬季五輪で判定を操作しようとして1年間の資格停止処分を受けたユーリ・バルコフ氏=ウクライナ=とロシア・フィギュア連盟元会長の夫人アラ・シェコフセバ氏=ロシア=が含まれており、シェコフセバ氏は金メダルを取ったアデリナ・ソトニコワ選手=ロシア=とハグしたため、審判員構成に疑問が呈されていた。

 こうした異議申し立てに対し、ISUは「キム・ヨナ選手の銀メダルが不当だという主張は当たらない」として棄却を決めたとのことだ。

 そして、「家族が審判として試合にそろって出たわけではないのだから、規定に違反したものではない」とし、ソトニコワ選手と審判のハグについては「自然な行動だった」「互いに祝い、喜び合った時に出てくる情緒的な行動だ。問題の種となるとは考えにくい」と説明した。

 キム・ヨナ選手の異議申し立てが棄却されたとニュースで知った人々は、ネットやソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)などに「本当に荒唐無稽(むけい)であきれてしまう」「キム・ヨナ、がっかりしないで!」「韓国人の心の中では金メダルだ」などと書き込んでいる。

チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版

http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/06/06/2014060600491.html