(イメージです。)
 
1: ダーさん@がんばらない ★@\(^o^)/ 2017/08/08 12:27:58.33 ID:CAP_USER.net
サード対立後の暴風...韓・中通貨スワップの運命は
10月に満期終了前の交渉停滞...専門家は慎重なアプローチを注文

去る2月サード(THAAD・高高度ミサイル防衛システム)配置決定後、両国関係が急速に冷却された影響で、10月に満期が来る韓・中通貨スワップの延長が不透明になった。通貨スワップの終了まで二ヶ月余り残っているが、交渉が進展を見ずにいる。

7日、企画財政部と韓国銀行によると、韓中通貨スワップは来る10月10日、3年の満期が終了する。現在、両国の実務レベルでの延長交渉を進めているが、具体的な成果はない。

先月、ドイツで開かれたG20(主要20カ国)の会議でムン・ジェイン大統領と習主席が会ったが、外交懸案に押されて通貨スワップの延長は十分に議論されなかった。

通貨スワップは、異なる通貨をあらかじめ約定した為替レートに基づいて交換することができる協定で、両国は世界的な金融危機直後の2008年12月に初めて通貨スワップを締結した。外貨流動性危機時、韓国は人民元を、中国はウォンを契約限度まで融通して使うことができる。これまで小規模貿易決済のみ活用した。

最初に約定された為替レートは、1800億元/32兆ウォン規模であった。 2011年の再交渉では限度が3600億元/64兆ウォンに2倍に拡大した、2014年の交渉では、3年の延長に再び合意した。

韓・中通貨スワップは、韓国が締結した二国間通貨スワップ協定の中で最も規模が大きい。今年初めの3年間延長契約が成立したオーストラリア(100億オーストラリアドル/9兆ウォン)、マレーシア(150億リンギ/5兆ウォン)などの6~10倍の水準を上回っている。

現在、韓国が他の国と締結した通貨スワップの規模は、米国ドル換算時1220億ドル水準である。このうち多国間で締結され、チェンマイイニシアティブ(CMIM)のみ384億ドル限度まで直接ドルを融通することができる。残りの通貨スワップは、契約当事者間の通貨のみの交換が可能である。

キム・ドンヨン副首相兼企画財政部長官とイ・ジュヨル韓国銀行総裁は、これまで「両国の経済に役立つという論理で協議していく」との立場を明らかにしてきた。政治と経済は分離してアプローチするという、いわゆる「政経分離」の原則である。

しかし、最近はサード対立の局面がさらに悪化し、原則論は力を失っている。王毅中国外交部長は6日、韓中外相会談で「韓国政府が7月28日サードの(追加)配置を決定し、両国関係に水を差した」と遺憾を表明した。

これに対して韓国銀行の関係者は「まだ有効期限が2ヶ月程度残っているので安易に結果を予断するのは難しい」とし「交渉過程で韓国側の立場を十分に伝え、理解を求める」とした。

専門家は、慎重なアプローチを注文する。ソン・テユン延世大経済学部教授は「人民元通貨スワップは、米国ドルとは異なり、流動性危機の状況下で、実質的に大きな助けになるのは難しい」とし「中国との通貨スワップ延長が失敗に終わる可能性に備え、国内外貨準備高を安定的に運用して、他の主要国との新しい通貨スワップ締結も検討する時」とした。

アン・ドンヒョン資本市場研究院長は「サード配置問題で中国との通貨スワップ延長が失敗に終わった場合、このようなことを今後米国とのFTA(自由貿易協定)などの経済交渉の過程で積極的に知らせ、実利のバランスを取る努力が要求される」とした。

通貨スワップは、基本的に、米国、日本、欧州など基軸通貨国と締結することが効果的だが現実は簡単ではない。米国とは、2008~2010年の300億ドル規模の通貨スワップを締結したが、世界的な金融危機に対応した一時的措置であった。日本とは最大700億ドル規模の通貨スワップ契約を締結したが、外交対立で徐々に規模が縮小され、2015年2月に全面終了した。韓日両国は今年初め通貨スワップの再開を協議したが、日本側が慰安婦少女像の設置を問題視し、一方的に交渉終了を通告して失敗した。

ソース:マネートゥデイ 2017.08.08 04:15(機械翻訳)
http://news.mt.co.kr/mtview.php?no=2017080713170316013&type=1&MS2