1:2014/06/04(水) 11:31:32.93 ID:
 aca3ae4d.jpg 

中国メディア・杭州日報は5月22日、「スターバックスの無料Wi-Fi、もうツンデレやめます」と題した記事を配信した。杭州市内の商業施設では無料Wi-Fiが当たり前となっている状況を説明した記事だが、その中で「無料Wi-Fi有り」とわざわざ表示している店をお高くとまった「ツンデレ(=傲嬌)」と表現している。「傲嬌」という単語は、日本のツンデレを翻訳した比較的新しい言葉だが、すでに広く使われている。

一方、中国検索大手「百度」の掲示板に最近、あるインターネットユーザーが「外国人が嫌いな“日本アニメ、10パターンのお約束”」と題したスレッドを立ち上げた。

スレ主は「世界の様々な文化圏で愛される日本のアニメだが、アニメファンが納得できない“10パターンのお約束”がある」とし、海外サイトで指摘されたという10パターンを紹介した。

ここで紹介された“10パターンのお約束”は、下のようなものだ。

(1)主人公には父さん・母さんがいない確率が異常に高い
――ドラゴンボールの孫悟空も、ナルトも、「フルーツバスケット」の本田透もそう。設
定によって同情を誘い、“成長への過程”を描くのに便利らしい。

(2)どんだけ食べるんだ?
――ONE PIECEのルフィやガッシュ・ベルなど。東洋の文化では食は重要で、どれだけ食べられるか、が生命力を示す。

(3)主人公の周りに女の子が多すぎる
――男の主人公が女の子と一緒に住んでいるというパターンも目立つ。男性視聴者へのサ
ービスか。

(4)男の主人公がシャイすぎる
――女の子に囲まれているのに童貞。女の子が積極的だとすぐに鼻血を出す。

(5)倒れる先はいつも、女の子の胸の中
――どういう原理だ?

(6)電車の中には痴漢がいる
――電車やバスに乗っていてバッグを持っているサラリーマンは、痴漢の確率が異様に高
い。

(7)女の子はだいたいツンデレ
――昔は純粋でカワイイキャラが多かったのに・・・。

(8)少年が世界を救う!
――日本に災害や危機が訪れても、自衛隊は登場しない。だいたい10代の少年でなんと
かなる。

(9)第6話から第8話には普通、女の子の温泉シーンがある
――大人向けだけでなく、子供が見る作品にまで。

(10)オープニング曲には必ず走るシーンがある
――なんでだ?

2014/06/03 21:18
http://www.xinhua.jp/socioeconomy/photonews/384660/