(イメージです。)
 
1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/08/03 07:58:29.77 ID:CAP_USER.net
【ソウル聯合ニュース】
 
 韓国銀行(中央銀行)が3日に発表した7月末現在の外貨準備高は3837億6000万ドル(約42兆4900億円)で、前月末に比べ31億9000万ドル増加した。5カ月連続の増加で、3カ月連続して過去最高を更新した。


 韓国銀行は外貨資産の運用益が増えたことに加え、米ドル安でユーロや円などドル以外の外貨建て資産のドル換算額が増加したためと説明した。

 内訳を見ると、有価証券が3545億5000万ドルで前月比22億9000万ドル増加した。預金は193億8000万ドルで6億2000万ドルの増加。国際通貨基金(IMF)特別引き出し権(SDR)は32億9000万ドルで2億9000万ドル増えた。

 IMFリザーブポジションは17億3000万ドルで2000万ドル減少した。金保有は2013年2月から変動がなく、47億9000万ドルとなっている。

 韓国の外貨準備高は6月末時点で世界9番目の規模だ。1位は中国の3兆568億ドルで、日本(1兆2498億ドル)、スイス(7724億ドル)、サウジアラビア(5007億ドル)、台湾(4419億ドル)、ロシア(4122億ドル)、香港(4080億ドル)、インド(3865億ドル)と続いた。

http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2017/08/02/0200000000AJP20170802004500882.HTML
 
=管理人補足=
ドルウォン ローソク 日足 リアルタイムです。

Investing.comInvesting.com 日本 によって機能された外国為替チャート。

 

google翻訳です。読み難い部分もありますが、ご了承下さい。
この動画ニュースはPosted : 2017-08-03 10:13です。
 
「家売って消費カバー」... 10年後の家計貯蓄率」マイナス「/ YTN
2017/08/02に公開
 
[アンカー]
韓国の高齢化が深刻化すると、家計貯蓄率が10年後にマイナスに墜落すること韓国銀行の見通しが出ました。

高齢層の所得が減れば家を売るか、金融資産を処分しなければなら消費資金を充当することができるようになって、貯蓄余裕もそれほど減少することです。

パク・ソンホ記者が報道します。

[記者]
韓国の人口高齢化が家計の資産および負債にどのように影響を与えるか、韓国銀行が分析した。

レポートによると、65歳以上の割合は、2015年12.8%から2030年には24.5%に上昇する中で、家計貯蓄率は8.9%で、10年後、2026年にはマイナスに進入し、その後-3.6%まで、より下がると予想された。

家計貯蓄率がマイナスになることは処分可能な所得に比べて家などの不動産や金融資産を処分して、消費に充てる支出額が多くなったことを意味しています。

引退後の収入は減るのに、医療費などで消費は大幅に減少していない貯蓄する余裕がそ​​れだけ減る現象です。

特に75歳以上の高齢層では、今後、実物資産の処分が著しく現れると予想された。

報告書は、住宅を担保に年金を受けるプロットギジロンなど流動化市場を発展させ、不動産を急激に処分しないようにする必要があると勧告しました。

韓国銀行はまた、高齢化に伴う産業構造の変化の予測レポートもしました。

人口構造が変わると、製造業の割合は低下してサービス業の割合は上昇すると予想された。

高齢者が多くなれば衣類などの商品の需要は減る一方、医療・保健などでは消費が増える可能性が高いという説明です。

YTNパク・ソンホ[shpark@ytn.co.kr]です。