1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/07/24 01:13:48.88 ID:CAP_USER.net
 韓国の自動車最大手、現代(ヒュンダイ)自動車の成長に急ブレーキがかかっている。最重要市場の中国で傘下の起亜自動車と合わせたグループ販売台数が今年上半期(1~6月)に前年同期からほぼ半減。米国や国内市場の不振も続いている。

 中国販売の急減は、米軍の最新鋭迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」の韓国配備に対する中国側の報復措置の影響と、現代自は説明しているが、現代車自体の競争力の低下を指摘する見方も浮上。

 八方ふさがりの現状にもかかわらず、現代自の労働組合は6年連続のスト実施を決めており、サムスン電子とともに韓国の製造業を代表するガリバー企業は「自壊」の危機にひんしている。

 「未来の成長地域として浮上する重慶市に、環境にやさしい最先端のスマート工場が建設された。中国の消費者のために高品質の新車を生産する」

 現代自の鄭義宣(チョン・ウィソン)副会長は19日、中国重慶市で開かれた同社の重慶工場の完成記念式典でこうアピールした。

 同工場は現代自にとって中国で5番目の生産拠点となり、来月から稼働する。年間生産台数は約30万台で、今年は小型車を中心に生産する予定という。韓国経済新聞などが報じた。

 式典には重慶市の関係者なども参加。聯合ニュースによると、鄭副会長の今回の訪中には、中国内の現代自をめぐる雰囲気を直接探るとともに、中国当局関係者に販売回復への協力を求める狙いもあったようだ。

 中国市場の現状に対する同社の危機感は強い。現代自は先月、対策づくりのために150人規模のタスクフォース(特別チーム)を立ち上げた。

 6月の中国での販売は、現代自が前年同月比64%減の約3万5000台、起亜自が62%減の約1万7000台で、グループ全体では63%減の5万2000台という激減ぶりだった。

 現代自にとって中国市場はグループの世界販売の2割超を占める“お得意様”だ。しかし、3月以降、グループ販売台数は50%以上の減少が続いており、上半期では46.7%の減少となった。

 韓国国防省が米軍に供与するTHAADの用地を決めたのは2月。現代自の中国販売の急減は同社の説明するように、THAAD配備を受けた韓国製品の不買運動が主因とみて間違いないだろう。

 ただ、韓国内では、現代車の根本的な競争力低下が販売減に拍車をかけたと懸念する声もある。

 聯合ニュースによると、韓国政府系シンクタンクの産業研究院は6月18日に発表した報告書で「今年上半期の韓国自動車メーカーの中国市場での販売減少率は、2012年にあった(尖閣諸島をめぐる)中日間の問題で日本車が受けた打撃よりも大きい」とし、「単純にTHAAD問題というより、韓国メーカーの競争力低下が中国市場で苦戦している原因だ」と指摘した。

 実際、現代自の不調は中国市場にとどまらない。中国に次ぐ米国市場の失速も鮮明だ。

 6月の米国での販売は、グループ全体で前年同月より15%程度減少。上半期は前年同期比8.6%減の64万2096台となった。

 同期の海外販売全体でも、現代自が9.3%減の185万3559台で、起亜自も9.9%減の106万4381台と落ち込んでいる。

 おひざ元の国内販売も低迷している。上半期は現代自が1.8%減の34万4783台で、起亜自も7.6%減の25万5843台。国内と海外を合わせると、現代自が8.2%減の219万8342台、起亜自が9.4%減の132万224台となった。

http://www.sankei.com/premium/news/170724/prm1707240003-n1.html

>>2以降に続く)


現代自動車は国内外で販売の不振が続いている(AP)
 
 
米国に輸出される現代車(AP)
 

韓国内の工場で組み立てられる現代自動車のセダン(ロイター)
 

現代自動車は国内外で販売の不振が続いている(ロイター)
 
=管理人補足=
この記事は2017.7.24付けです。
ご紹介が遅くなりすみません。
 

google翻訳です。読み難い部分もありますが、ご了承下さい。

サード報復として、現代自動車・アモーレ利益半分/ YTN
2017/07/26に公開
 
[アンカー]
中国サード報復が国内の自動車や化粧品業界の業績に予想よりも大きな衝撃を与えていることがわかった。
現代自動車とアモーレパシフィックグループの第2四半期の純利益が1年前と比べて半減に急減した。
パク・ソンホ記者が報道します。

[記者]
現代自動車が中国と米国などの海外主要市場で苦戦しながら、第1四半期に続き、第2四半期にも不振をしました。
営業利益は1兆3千億ウォンで、1年前より23.7%が減少し、当期純利益は9億ウォンで48.2%も減少しました。
 
純利益は1兆下に下がったのは、2010年、国際会計基準の適用後に初めてです。

特に3月以降サド報復余波が続き、中国の販売60%以上急激に減少したことが業績悪化に最も大きな影響を与えた。

サド報復が長期化すると、現代自動車の中国内販売網の崩壊と優れた販売人材離脱などの問題が発生する可能性があります。

また、現代車と同伴進出した500以上の部品メーカーが連鎖打撃を受けると、部品のサプライチェーンまで損傷する恐れがあります。

中国の依存度が激しい化粧品業界もサード衝撃を大きく受けています。

アモーレパシフィックグループの第2四半期の営業利益は1年前と比べて57.9%減少した当期純利益は60%近く減少し千億ウォンの下に落ちました。

今年3月に中国が韓国の団体観光を禁止し、本格的に国内の化粧品と流通業界に打撃を与えました。

今年3月から5月まで韓国にきた中国の訪問者は、84万人で、前年同期に比べて57.7%が減りました。

YTNパク・ソンホ[shpark@ytn.co.kr]です。