サッカー

1
:2014/06/02(月) 21:51:30.79 ID:
「韓国は恐れるほどのチームではない」。チュニジア代表のジョルジュ・レーケンス監督が28日、韓国との評価試合について語った。  

ベルギーのスポルザは29日(日本時間)、レーケンス監督のインタビューを報道した。レーケンス監督は「韓国はまだワールドカップ(W杯)の準備段階なので完ぺきではない。しかしベルギーを苦しめるチームではない」と述べた。

続いて「個人の技術はあるが、スピードは落ち、守備でも弱点を表した。韓国を恐れる必要はないが、注意はしなければいけない」と話した。

レーケンス監督は2010年から2012年までベルギー代表を率いたため、ベルギーに対する愛情が強い。レーケンス監督は「(ベルギー代表の)マーク・ヴィルモッツ監督に韓国の戦力に関する情報を提供する意思がある」とも語った。

レーケンス監督は28日の韓国戦後の記者会見では、「W杯本大会でロシア、アルジェリア、ベルギーと対戦する韓国の幸運を祈る。今日の試合を通じて、韓国がすべての準備ができることを望む」とし「韓国選手のけがあったが、深刻ではないという話を聞いた。幸いだ」などと話していた。

http://japanese.joins.com/article/941/185941.html?servcode=600&sectcode=610