(イメージです。)
 
1: たんぽぽ ★@\(^o^)/ 2017/06/24 10:00:37.90 ID:CAP_USER.net
 2018年2月に開幕する平昌五輪をめぐる“問題”がまたも明らかになった。五輪開催の地元・江原道の建設労働組合は6月14日、五輪関連の建設労働者に対する未払い賃金の支払いを求めたと江原日報などが報じた。未払い額は2400億ウォン(約240億円)に上るという。労働者は生活困窮に陥っており、組合への苦情は8000件もあるそうだ。韓国だけで幅を利かせている「社会悪」だと報じる韓国メディアもあり、根は深そうだ。

 ソウル経済新聞は今年1月、韓国では最近、賃金未払いが高いレベルで推移し、徐々に増加傾向にあり社会的問題になっていると報じた。長引く経済不況が根底にあるが、韓国人が労働の対価として賃金が発生するという労働経済学の基本概念を理解できていないため、経営不振になると平然と賃金を踏み倒すという指摘もある。

 ハンギョレ新聞などによると、賃金未払いは大企業、中小企業の区別なく蔓延。規模は日本の10倍近くだとした。16年が約1兆3000億ウォン(約1300億円)、15年が1兆2993億ウォン(約1299億円)、14年が1兆3194億ウォン(約1319億円)に上った。ソウル経済新聞によると、要因のトップは一時的な経営悪化が57%、次いで倒産や廃業15.5%と続くという。

 中央日報によると、賃金未払いが根絶されないのは処罰が軽いためという。労働基準法は未払い事業主を3年以下の懲役または2000万ウォン(約200万円)以下の罰金に処する。だが、実際には数千万ウォンの賃金を未払いしても100万~200万ウォン(約10万~20万円)の罰金で終わるケースが大部分という。「法律違反で得る利益が制裁にともなう不利益よりも大きいということだ」と中央日報は指摘する。

 五輪施設の建設をめぐる賃金未払いは、2016年1月に表面化した。韓国SBSテレビが、五輪施設の建設業者が未払いの工事代金を早急に支払うように要求し、記者会見場に乱入したと報じた。15年5月から食事代も払われず、施工業者に建設機器の使用代金23億ウォン(約2億3000万円)が滞納されているとした。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://www.sankei.com/premium/news/170624/prm1706240010-n1.html