1: 右大臣・大ちゃん之弼 ★@\(^o^)/ 2017/06/23 15:50:25.08 ID:CAP_USER.net
軽攻撃機「FA-50」の核心装備の修理を今後は韓国内でできるようになった。 

  韓国防衛事業庁は22日、「国産超音速航空機T-50の派生型であるFA-50攻撃機の核心装備の廠整備能力を構築する『FA-50廠整備要素開発事業』を完了した」と明らかにした。 

  廠整備とは、大規模施設で航空機装備を完全に分解し、修理・復旧することを意味する。事業が完了すれば、空軍は敵のミサイル攻撃に対応する「レーダー警報分析装置」や操縦士の生命維持のための「酸素発生器」など34個の核心装備を自分たちの手で整備できる能力を持つことになる。 

  FA-50は韓国産航空機だが、外国産部品が多いため核心装備の修理をこれまで外国企業に任せる場合が多かった。 

  防衛事業庁は「航空機の主要部品の完全分解および修理能力を備えることによって取得した技術力とノウハウは、今後、国産戦闘機の国産化率向上にも肯定的な影響を及ぼすだろう」と伝えた。
 
http://s.japanese.joins.com/article/444/230444.html
[ⓒ 中央日報日本語版]2017年06月23日 06時47分


韓国産軽攻撃機FA-50(写真提供=防衛事業庁)