1: ねこ名無し ★@\(^o^)/ 2017/06/22 20:15:43.72 ID:CAP_USER.net
 韓国大統領府は22日、1968年に北朝鮮の武装工作員が大統領府の襲撃未遂事件を起こしたことを機に始まった周辺の通行規制を、26日から約半世紀ぶりに全面解除し市民に開放すると発表した。

 大統領府前の道路の通行は93年から日中は認められてきたが、夜間通行止めは続いてきた。

 大統領府近くの5カ所で行ってきた検問も平時はやめ、バリケードも撤去。原則、禁止されてきた大統領府の建物の撮影も一部を除いて認める。

 大統領府は「起きるかどうか分からない脅威を理由に市民に不便を強いてきた慣行を改め、現実的な脅威を感知したときに即刻対応する警備に改める」と説明。大統領府周辺が市民の「散歩道」になってほしいと表明した。

 文在寅政権の発足後、大統領警護室は「開かれた警護」を掲げ、警護員の態度が改善されたと評価する声が上がっている。(共同)

http://www.sankei.com/world/news/170622/wor1706220036-n1.html


ソウルの韓国大統領府直近に設置された車両検問所=22日(共同)