火事 消防車 

1
:2014/05/30(金)18:10:03 ID:
政府の組織改編案によると、海洋警察と一緒に消防防災庁も解体が確定しました。文字通り急に解体されました。一線消防士は大きく間違ったことがないのに、海上警察と同じ扱いを受けるのは悔しいと反発しています。

「消防の解体を防いでください」
あるポータルサイトに上がった署名運動が進行中の請願文です。

新設される国家安全先に消防防災機能が吸収され、消防防災庁が解体されることに反発する内容です。

別に誤りもなく、最高責任者の階級が降格されるも一つの理由です。
国家安全先は、消防本部と海洋安全本部など5個ほどの本部を備える予定です。

各本部長は 1級なので庁長が次官級であった??消防防災庁と海洋警察としては、実質的に降格されているわけです。

一線消防士は悔しさを訴えています。

「消防:海上警察が間違ったのがなぜ消防まで火の粉が飛んだのか理解することができない...」

「消防:現場の従業員としては腹が立って、鬱憤が裂けます。 」

市民も理解するという反応です。

「キム・ヒョンギ/釜山東莱区ミョンジャンドン:むしろ火災はもっと格上げさせてくれなければならないのに ...そこには、今まで仕事よくしてきたじゃないか。 」

ナムサンホ消防防災庁長も、全国消防本部長会議を開き、関連対策を議論しました。

一部では共感を得られない組織改編は、適切な効果を収めることは困難との指摘も出てきます。

中央日報(韓国語)機械翻訳
http://joongang.joins.com/article/075/14833075.html