(動画からです。)
 
1: たんぽぽ ★@\(^o^)/ 2017/06/15(木) 15:08:48.90 ID:CAP_USER
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=181212&ph=0

2017年6月14日、韓国・ニュース1は、大規模な火災が発生した英国ロンドンの高層マンションで、かねてから住民らが何度も火災の危険性を警告していたにもかかわらず、当局と所有主の対処が不十分であったことを報じ「第二のセウォル号事故」と批判した。

英紙「ガーディアン」によると、火災が発生したグレンフェル・タワーの住民会「グレンフェル・アクション・グループ」は、昨年11月に火災の危険性を警告した抗議文を出し、「高密度な設計のため、火災が発生した場合に深刻な結果につながりかねない」と警告していたことが分かった。警告は過去にも長期間にわたって何度も出されたが、無視され続けているとの批判の声も上がっていたという。

同マンションでは2013年にも配線問題から火災が発生したため、住民会は劣悪な安全環境を立証する証拠資料を残すべく安全調査をしようとしたそうだ。しかし実際には調査は行われず、管理会社はこの事実を隠そうとし、所有主もテナントとオーナー間の法的問題の調査を拒否したという。

また住民会は、マンションの安全設備がほぼ「放置」状態であったとし、「ここ20年間、管理会社から火災安全指針をもらったことがない。火災が発生した場合は家にいるようにという指示を受けたこともあった」とも主張している。

韓国ではこの「火災発生時に家にとどまるように」との指示が大きな注目を集めている。14年4月、沈みつつあった旅客船セウォル号で「客室に待機」の指示が出され、多くの犠牲者を出していたためだ。ニュース1のほか他のメディアも「火災が発生したら家にいろ?ロンドン火災は“英国版セウォル号”になるのか」「ロンドン火災は“第二のセウォル号”」「ロンドンマンション大火災 英国版『じっとしていろ』が波紋」など、セウォル号事故と結びつけた見出しで火災を報じた。

また、韓国のネットユーザーからも
 
「まるでセウォル号」
「指示にきちんと従うと助からないんだね」
「確かにセウォル号沈没事故と似てる」
「完全にセウォル号と一緒じゃないか。どこの国でも似たようなことが起こるんだな」
 
などセウォル号との類似性に同意する声が数多く上がっている。


記事にはその他、
 
「英国のような先進国でもこんなことが起こるとは。最近はヘル(地獄のような)ロンドンだね」「英国も安っぽい国になった」
 
と英国を批判する声や、
 
「今後の対応がセウォル号とどう違ってくるか見てみよう」
 
との意見、そして
 
「他人事じゃない。韓国の高層マンションも警戒心を持つべき」
「韓国の高層マンションだってヤバい」
 
と警鐘を鳴らすコメントも寄せられた。
 
=管理人補足=

google翻訳です。読み難い部分もありますが、ご了承下さい。

またこの動画ニュースは、Posted : 2017-06-16 00:32です。
 
「訴えても無視...スラム街の悪徳なので生じた惨事 "/ YTN
2017/06/15に公開
 
[アンカー]
今回17人が死亡し、ロンドンの火災惨事は貧民たちが集まって住む高層マンションで続いた。

住民はこれまで当局に複数回の火災危険性を訴えたが、力のない人々だから無視された最後に、今回の悲劇を経験したと主張しています。

ロンドンでファンボソン特派員が報道します。

[記者]
炎が多く入った24階建ての「グレンフェルタワーGrenfell Tower」の壁で継続落下物が見えます。

断熱のために外壁を包んだアルミ複合布およびパネルです。

古い建物を改造するとし、昨年付着したはずなのに、低層で始まった火が30分で頂上まで番地が原因の一つに数えられ。

住民は庶民が住むアパートと安い引火性材料で適当に工事したせいだと思います。

【火災被害住民/アパート17階居住:
炎が建物全体に広がっことは今回が初めてです。 1年前につけた布をこのように炎が早く広がっです。]

また、不良火災警報器のたった一つしかない非常口、しかも初期消火に重要なスプリンクラーがなく、被害がより大きくなったのは事実です。

住民たちはこの問題を解決くれその間、数回当局に陳情書を出したが無視されたと怒りを爆発します。

[デビッド・コリンズ/全グレンフェルタワー入居者会代表:
火災に関連する問題を複数回マンション管理機関とケンジントン・チェルシー区当局に通知しました。それでも当局は改造期間に全くこの問題を調査していない。]

一部では、保守党政権が無条件予算を削減しながら、出来事とし、政府の責任も大きいと指摘しています。

メイ首相も、このような批判を意識したよう徹底究明を約束しました。

[テリーメイ/英首相:
適切な調査をして、私たちが学ぶ教訓がある場合学ん必要措置も講じています。]

英国社会では、先進国と呼ばれるこの国の多くの隠された不良がよりによって貧民アパートで後進国型惨事に明らかになったは、自省の声が大きくなっています。

ロンドンでYTNファンボソンです。