1:2014/05/28(水) 20:37:51.65 ID:
(画像)
 4fce07b4.jpg 

 (台北 28日 中央社)

 日本政府の今年春の叙勲で旭日双光章を受章した台湾歌壇代表、蔡焜燦氏(=写真右1)に対する勲記と勲章の伝達式が28日、対台湾窓口機関の交流協会台北事務所で行われた。蔡氏は「なんの差別もなく素晴らしい勲章を天皇陛下からいただいて感無量」と喜びを語った。

 2008年から短歌の会、「台湾歌壇」の第5代代表を務めている蔡さんは、台湾における短歌の普及、和歌を通じた日台相互理解の促進に尽力。また1993年には作家、司馬遼太郎の台湾取材の際に案内役“老台北”として協力し、日台関係の強化に貢献した。

 交流協会台北事務所の樽井澄夫代表(=左1)は台湾歌壇の活動に触れ、2011年の東日本大震災発生時には「国難の地震(なゐ)と津波に襲はるる祖国護れと若人励ます」の歌とともに多額の義捐金を寄せたことに感謝の意を示した。

 蔡氏は「このままで死ぬわけにはいかない。まだやらなければいけないことがたくさんある」とした上で、日本と台湾の学生や若い人たちの交流をもっと強めなければいけないと語り、今後も引き続き日台間の交流を支援する考えを述べた。

 伝達式では蔡氏たっての希望で君が代が斉唱され、メディアから日台関係について問われると「運命共同体」だと答えた。

 今年の春の叙勲で台湾からは蔡氏など4人が受章している。

(齊藤啓介)

フォーカス台湾 2014/05/28 18:42
http://japan.cna.com.tw/news/asoc/201405280007.aspx