キムチ 

1
:2014/05/28(水) 23:56:40.80 ID:
(原文の朝鮮語を機械翻訳)

(仁川=聯合ニュース)ベサンフイ記者

仁川地域の各学校10ヶ所の学生約1000人が相次いで食中毒の疑い症状を見せて保健・教育当局が調査に乗り出した。

保健当局は、これらの学校給食を暫定的に中断し、学生が同じメーカーから納品されたキムチを食べた点に注目し、精密疫学調査に入った。

27日仁川市と仁川市教育庁などによると、24日からこの日まで、小学校6カ所、中学校3ヶ所、高等学校1ヶ所など、市内の学校10カ所では、学生1千27人が下痢、腹痛などの食中毒の疑いの症状を訴えた。

この日午後6時現在、このうち11人が入院した220人は完治した。

保健当局の1次調査の結果、これらの学校は、すべて同じ業者からキムチを納品されたことが確認された。

それぞれの会社は最近、食品医薬品安全先定期検査で「適合」の助言を受けたことが分かった。

保健当局は、先週末から食中毒の疑惑申告が集中した潜伏期間などを考慮して、去る22~23日ごろに提供された食品が問題を起こしたものと見ている。

保健当局は、原因者を特定するためにキムチを含めて学生が先週食べた食べ物など可検物を採取し、疫学調査に入った。

市教育庁は、申告が受理された10校の給食を暫定的に中断した。

また、それぞれの会社でキムチを納品される51校の正確な原因が究明されるまで、取引を停止する措置を取った。

市教育庁の関係者は「通常の潜伏期間は12時間ですが、今回はだいたい一歩遅れて症状が現れることが見ては追加が疑われる患者が発生する可能性がある」と説明した。

保健当局と市教育庁は、食中毒の疑いの症状が広がることを懸念し、学校ごとの衛生管理の強化に乗り出した。

100人以上の学生が食中毒の疑いの症状を示す図が小学校の関係者は「食中毒の疑いの症状に学生の一部が昨日と今日欠席しており、このうち一、二人は入院したと把握している」と述べた。

聯合ニュース 2014/05/27 18:52
http://www.yonhapnews.co.kr/bulletin/2014/05/27/0200000000AKR20140527067151065.HTML