(イメージです。)
 
1: 蚯蚓φ ★@\(^o^)/ ID:???
「平昌(ピョンチャン)冬季オリンピックと韓国を広報する最も良い方法は文在寅(ムン・ジェイン)大統領が日本のテレビ広告に直接出演して平昌と韓国を広報することです。」

19日、東京で会った越智良典(65)日本旅行業協会(JATA)事務局長はムン大統領選出後、変わる韓日観光交流に期待感を示した。JATAは日本旅行業界を代表する団体で大型旅行会社を中心に2152社が加入している。韓国を訪問する日本人観光客は2012年、李明博(イ・ミョンバク)大統領の独島(ドクト、日本名:竹島)訪問を契機に3年かけて半分水準に減少した。

2012年、約351万人を頂点に2014年約228万人、2015年約183万人と急減した。昨年末から少しずつ回復傾向を見せたものの、今年4月、日本外務省が北朝鮮の弾道ミサイル発射などの理由で韓国訪問に注意するよう公示し、「韓半島戦争危機説」が日本国内で盛んになり、再び危機を迎えている。

越智事務局長は「外務省の注意公示後、韓国観光を取り消した予約者が50%に達した」と話した。彼は韓国民が考えるより韓半島危機説にはるかに敏感な日本国内の雰囲気をそのまま伝えた。「シリアを爆撃した米国トランプ政府が北朝鮮にも攻撃を加えれば、北朝鮮も反撃して韓半島が危機だというのが日本の公式認識です。戦争が起きれば日本にも北朝鮮のミサイルが飛んでくるという日本マスコミ報道で日本人たちは不安になっています。また、修学旅行で韓国でホームステイをすれば韓国人は親切だと理解できますが、行く前まではひょっとしてのけ者にされはしないか、危険な状況にあいはしないか日本人たちは心配します。」

越智事務局長は韓半島危機説を踏んで両国間観光交流を反転させる2種類のカードとしてムン大統領と2018年平昌冬季オリンピックを挙げた。「ムン大統領が微笑を浮かべた顔で「歓迎します。韓国に、平昌に来てください」と言えば今、韓日間に積もっている様々な問題もきれいに解決され、日本人たちは「あぁ、大統領があのように歓待する韓国に行ってみたい」と考えるでしょう(笑い)。故金大中(キム・デジュン)大統領も日本のテレビ広告に出演して韓国を広報して大きな効果があったからです。」

北核問題と過去の問題に対する政府次元の解決法と別個にムン大統領が国内で良い評価を受けているスキンシップ政治を日本国民に向けても公開する必要があるということだ。彼は来年2月開幕する平昌冬季オリンピックに対する期待感も強く示した。「オリンピックは世界の人々に観光コンテンツを知らせる絶好の機会です。2012年、ロンドンオリンピックの場合もマラソンの時、ロンドン市内がずっとカメラに捉えられてロンドンが大きく広報されました。韓国もこの機会をよく生かさなければなりません。日本はフィギュアスケート選手、羽生結弦が平昌で必ず優勝するといったので、平昌に関心が高いです。2010年バンクーバーオリンピックの時、日本では選手と関係者、応援団など5000人程度が行きました。韓国は日本と地理的に近く、1万人程度が来年、平昌を訪れると予想します。」

彼は平昌冬季オリンピックがつまずくことなく、うまく行われそうかという質問に「準備がうまくいっていると見られる」と話した。それと共に冗談半分で「日本旅行業関係者たちの間にチェ・ムンスン江原道(カンウォンド)知事のファンが多く、江原道に観光客を送りたい」と笑った。

彼は「領土が長くて自然が豊富な日本は旅行する場所が多く、為替レートによって韓国の物価が日本より高く感じられるこの頃、日本人たちが国内旅行で満足する傾向がある」とし、韓国政府に向けた忠告も忘れなかった。「円安時代」に訪韓日本人を多くするには、過去と違った何か新しい誘引策が必要だということだ。

韓国観光公社は日本人の訪韓需要拡大と平昌冬季オリンピック広報のために去る17日から東京、大阪、福岡で「韓国文化観光祭り」を開いている。24日まで開催される文化観光祭りにはチョン・チャンス韓国観光公社社長、チェ・ムンスン江原道知事など訪日代表団と日本インバウンド旅行会社社長団など70人余りが参加した。

東京|パク・ジュヨン記者

ソース:京郷新聞(韓国語) 「ムン大統領が日本TVで広告を出せば、日本観光客また増えること」
http://news.khan.co.kr/kh_news/khan_art_view.html?artid=201705242135035&code=100100