(イメージです。)
 
1: たんぽぽ ★@\(^o^)/ ID:???
 最近の五輪誘致は膨大な経費負担が忌避され、立候補を断念する国が後を絶たない。招致時点で国際オリンピック委員会(IOC)の好印象を得ようと、予算を少なく見積もる傾向が問題視されている。2018年2月開催の平昌五輪も11年の誘致当初は8兆ウォン(約8000億円)の総経費を掲げていたが、今や1.6倍の13兆ウォン(約1兆3000億円)に膨張。運営予算も当初から6000億ウォン増の2兆8000億ウォン(約2800億円)に上るが、不足する3000億ウォンの調達が昨年から至上命題になっている。

 ところが、開幕まで9カ月に迫ろうというのに、韓国メディアには依然としてこの問題が未解決として報じられ、朴槿恵前大統領が関与した国政介入事件によって五輪人気は冷え込んだままだ。4月に終了した五輪チケット販売の第1弾は低調に終わり、韓国メディアには五輪準備がこのまま進めば「韓国はすべてを失うしかない」と悲鳴にも似た報道も現れた。

 ソウル新聞など韓国メディアによると、2月9日~4月23日に行われた平昌五輪の1次オンラインチケット販売の申請は38万4000枚だった。今回の目標販売枚数は60万枚で、決して順調とは言い切れない数だ。しかも、人気種目と不人気種目との競争率の格差がすごい。

(以下略、続きはソースでご確認下さい)
http://www.sankei.com/premium/news/170524/prm1705240002-n1.html