サッカー 

1
:2014/05/27(火) 12:38:54.87 ID:
サッカーのワールドカップ(W杯)ブラジル大会が、いよいよ近付いてきた。
イギリスのスポーツ専門サイト「Sports MOLE」は5月15日付で、歴代日本代表選手のトップ10を発表。

1位は、 1968年メキシコ・オリンピックで得点王を獲得して日本の銅メダルに貢献した釜本邦茂だった。

1位 釜本邦茂
「最初の日本のスーパースター。彼にとってゴールは日常だった。1968年のメキシコ・オリンピックで銅メダル獲得に貢献した」

2位 三浦知良
「47歳でいまだ現役。1994年にセリエAに参入した初めての日本人選手」

3位 香川真司
「キャリアを終えるまでには彼は『史上最高の日本人選手』と呼ばれるようになるかもしれない」

4位 中田英寿
「29歳で引退したことは、才能を浪費したように思える」

5位 遠藤保仁
「国内組であるものの、現役で最も多く代表に選ばれている」

6位 中村俊輔
「セルティックの熱狂的なファンは彼を忘れない」

7位 本田圭佑
「彼のゴールが2010年W杯の初勝利をもたらした」

8位 岡崎慎司
「代表16試合で15ゴールはほかに例がない」

9位 稲本潤一
「2002年のW杯で代表に貢献した」

10位 中澤佑二
「重要な局面で何度もゴールも決めた 」

http://www.huffingtonpost.jp/2014/05/26/soccer-best-10_n_5391870.html