(イメージです。)
 
1: たんぽぽ ★@\(^o^)/ ID:???
http://sp.recordchina.co.jp/newsinfo.php?id=177689&ph=0

2017年5月16日、韓国の世論調査機関が発表した調査結果で、韓国市民の7割以上が文在寅(ムン・ジェイン)新大統領の施政を楽観視していることが明らかになった。環球網が伝えた。

韓国・聯合ニュースによると、世論調査機関リアルメーターが10~12日に韓国の成人1516人を対象に実施した調査で、74.8%が文大統領の姿勢にポジティブな見方を示した。地域別では全羅道が82.8%、年代別では20代が82%でそれぞれ最高の数値を記録。若い世代がより強い期待を抱いていることが明らかになった。

第一に取り組むべき施政課題については、30.8%が国民生活の改善と経済の回復を挙げた。以下、積弊の一掃と改革の促進が30.4%、朝鮮半島問題の解決が14.7%、国民の団結実現が12%、二極分化の解消が9.3%で続いている。

支持政党に関しては、共に民主党が前の週より3ポイント上昇して44.7%となり、自由韓国党は13.0%で逆に4.5ポイント低下した。また、正義党が9.6%となり、初めて国民の党を抜いて3位に浮上した。国民の党は8.8%だった。