1:2014/05/25(日) 00:15:46.29 ID:
(原文のハングルを機械翻訳した後、記者が微修正)

(画像:金浦空港国内線旅客ターミナル改装後の鳥瞰図)
 690ec2d7.jpg 

 [アジア経済 ファン・ジュンホ記者]

 韓国空港公社は、北東アジア3カ国の航空機のパイロット不足の問題を解決するために、パイロットの養成に乗り出す。
 地方の遊休空港のインフラを活用し、高等操縦教育まで担当して供給不足を解決するという案だ。国内需給不安の解決のほか、日本、中国などに人材輸出も可能となる。韓国空港公社は21日、公社法の一部改正案の恐怖(翻訳できず)に基づいて、遊休空港インフラストラクチャを使用したパイロットの養成に入ると23日明らかにした。

 空港公社は空港利用者の需要不足で滑走路などの施設を活用に余裕がある地方空港への飛行訓練施設を設置、操縦人材養成基盤を拡大する計画だ。韓国をはじめ中国、日本は操縦士が著しく不足している状況である。
 国内の場合、LCCの成長に鑑みると、 20017年までに毎年455人のパイロットが必要な状況である。政府が官民軍合同で毎年約2000人のパイロットを養成すると発表したが、ごく一部が基本的な教育訓練の程度をサポートしている状況である。

 国内大手航空会社の場合、ベテラン級パイロットの中国の航空会社への流出も深刻な状況である。中国の航空産業の成長に応じて、国内のパイロットたちを大挙吸収しているために出てきた問題だ。日本ではパイロット不足で運航便を大量に中断した状態だ。
 日本のピーチ航空は去る19日から10月25日までに2000設備、航空機の運航を停止する。夏休みの期間で最も搭乗率が高い時に、パイロット不足で運航を断念した。バニラエアも、6月の一ヶ月間運航を20%削減することにした。パイロット不足に応じて、無理なフライトスケジュールを取らないという意味である。
 日本政府は自衛隊のパイロットの民間転向を督励している状態だ。日本のパイロットの割合は、政府運営の航空隊出身の39%、民間航空会社出身34%自衛隊6%などに分けられる。

 韓国空港公社関係者は「務安などの地方空港を連携したローカルでの飛行訓練プログラムを開発・運営して訓練機関と人材を地方空港に配置する計画」とし「初期投資額が高い曲技飛行の訓練課程の開設などの訓練プログラムを高度化し、操縦者の競争力も強化することができる」と述べた。

 キム・ソッキ韓国空港公社社長は、「高品質の操縦人材育成を通じて、航空業界の人材需給の解決と航空安全の確保に積極的に取り組まなければならない時点だ」と述べた。

アジア経済 2014.05.23 10:30
http://www.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2014052309464252721

関連スレ
【アシアナ航空機事故】韓国人パイロットのミスではない、米メーカーの問題だ―韓国企業[05/11]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1399905479/l50
【韓国】アシアナ航空のパイロット スポットチェックに3人脱落[12/27]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1388146066/l50