1:2017/05/08(月) 20:12:31.97 ID:
韓国の朴槿恵(パク・クンへ)前大統領(65)が27年間暮らしたソウル市江南区三成洞の自宅には、30年以上も使われてきた家具や電子製品が多数あったことが分かった。

朴・前大統領は今月6日、身柄拘束中ながらも、ソウル市瑞草区内谷洞に引っ越しをした。引っ越しは、朴・前大統領にかわって側近のイ・ヨンソン大統領府警護官とユン・ジョンチュ大統領府行政官が担当した。

朴・前大統領の家財道具を運んだある人物は「家具類はくたびれていて古く、テレビには30年以上前のゴールドスター(現LG)の商標が付いていた」と語った。

三成洞の家から持ち出された、シュレッダーにかけた書類7袋と古い冷蔵庫、テレビなどの物件1トン分は、廃棄処分されたと伝えられている。

6日の引っ越しは午前7時30分ごろ始まり、午後5時ごろ終了した。引っ越しが終わった後、三成洞の家の門は鎖で閉鎖された。

なお、ほとんどの荷物は内谷洞の新居に移されたが、朴・前大統領が使っていたソファーは三成洞の家にそのまま残った。三成洞の家を買った洪性烈(ホン・ソンヨル)マリオアウトレット会長が「ソファを所蔵したい」と申し出たからだといわれている。

ユ・ジハン記者
チョソン・ドットコム/朝鮮日報日本語版
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2017/05/08/2017050801697.html