(イメージです。)
1:2017/05/02(火) 20:39:32.55 ID:
http://www.afpbb.com/articles/-/3127104?act=all

【5月2日 時事通信社】
 
 米ジョンズ・ホプキンス大高等国際問題研究大学院の米韓研究所は1日、最新の人工衛星画像に基づき、北朝鮮西部・南浦の海軍造船所で、潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)試験用の発射台が新たに確認されたと発表した。北朝鮮のSLBM発射台は、東部・新浦に続いて2基目とされる。


 4月19日撮影の画像で新たに確認された発射台は、長さ22メートル強、幅9メートル。1基目とほぼ同じ大きさで、どちらもロシアの発射台と極めて似ている。北朝鮮西部の造船所での建造作業は確認されておらず、同研究所は2基目が「国外から調達されたことを示唆している」との見解を示した。(c)時事通信社

2017/05/02 14:43(北朝鮮)