1:2014/05/24(土) 11:14:55.23 ID:
 3876706f.jpg 
▲「日本、再び侵略を準備する」/チョン・ケワン著(327ページ、1万6千ウォン)

「韓国はただの愚かな国だ。」

日本の安倍晋三総理の2013年11月の発言だ。日本の代表的右翼雑誌‘週刊文春’は‘韓国の
急所を刺す’という特集記事を通じて安倍総理がこのように話したと伝えた。これに韓国の報道機関と国民は怒った。そして‘日本指導者のおかしな発言’で片付けた。安倍の発言に含まれた意味を把握しようとする努力はなかった。

日本紙幣最高額1万円の登場人物、福沢諭吉は19世紀末「愚かな朝鮮は日本に習うべきで、従わなければ征伐せねばならない」と主張した。当時、日本では征韓論が再び吹きあれ日本は朝鮮侵略の道を歩んだ。19世紀日本の政治思想家、吉田松陰は征韓論と大東亜共栄論を創始した人物だ。彼は「朝鮮を属国とし、満州、台湾、フィリピン一帯を捕獲する。西洋で失った国富を朝鮮と満州から得るべきだ」と主張した。朝鮮侵略は現実になった。朝鮮侵略の元凶、伊藤博文、2代統監・曽祢荒助、韓日併合文書に署名した初代総督、寺内正毅などみな吉田松陰の弟子だ。

安倍晋三総理は2013年8月、吉田松陰神社を参拝、自身が最も尊敬する人物は吉田松陰だと明らかにした。その日、安倍総理は松蔭神社に跪いて「正しい判断」をすると誓った。彼が誓った正しい判断は「強い日本」「私を軍国主義者と呼んでも良い」という宣言に続き「日本を戦争可能な国家」に改造することが明らかになっている。安倍の歩みは吉田松陰の征韓論と一致する。

わずか20年前までは日本国民の中で‘独島’(日本名竹島)を知っている人は珍しかった。しかし、日本政治指導者らの絶え間ない宣伝で現在、多数の日本人は‘日本領土竹島を韓国が無断占有している’と信じている。日本の教科書も子供たちにそう教えている。この様な宣伝や教育は日本人に韓国に対する敵対心を持たせることになる。

また、自国領土を韓国が無断占有しているとか尖閣を中国が力で奪おうとすると認識させることにより、‘領土を守るためには武装を強化しなければならない’という考えを持たせる。この本‘日本、再び侵略を準備する’では日本の独島紛争と尖閣列島紛争は自国民の認識を変えようとする高度な政治作業だと分析する。

著者は日本政界が独島と尖閣紛争を利用することによって戦争に対する恐怖より自国領土を奪われたことに対する怒りを育てている」として「日本極右勢力の絶え間ない示威と日本政界の領土論争は韓国に対する日本人の認識をますます悪くさせている。この過程はあたかも19世紀中・後半の征韓論をめぐる急進派と穏健派が争う過程で急進派が使った手法と似ている」と指摘する。「街に出たネット右翼」の著者の安田浩一氏は著者とのインタビューで「私が心配するのは日本自民党が在特会のようになることだ」と憂慮している。一部の極右勢力の反韓感情が日本人全体の国民感情に伝染するのが恐ろしいということだ。

韓日合邦以前の朝鮮はひどく分裂していた。開放を主張する勢力と鎖国を叫ぶ勢力が相次いで政変を起こし国をずたずたに破った。親清派、親露派、親日派などが目があえば戦った。今日の大韓民国はどうか?分裂はその時と全く同じだ。南北が分断され東西が分かれ政治は進歩と保守に分かれて必死に戦う。世代葛藤、階層葛藤は度を越え共同線は消えて久しい。21世紀日本の状況は16、19世紀と全く一緒で韓国の状況と東アジアをめぐる国際情勢もまた‘再放送’のように似ている。同書は「私たちはとても簡単に過去を批判しながらも、なかなか過去から教訓を得ることができず過去を踏襲している」と指摘する。

>>2-5のあたりに続く

ソース:韓国毎日新聞(韓国語) 虎視耽々日本気を引き締めて!韓国…『日本、再び侵略を準備する』
http://www.imaeil.com/sub_news/sub_news_view.php?news_id=23925&yy=2014

関連スレ:
【北朝鮮】北朝鮮、日本の「世界支配」の野望を非難…「これは、日本が国外で侵略行為を働くための第一歩である」[05/17]
http://awabi.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1400318344/