(イメージです。)
1:2017/04/25(火) 17:57:23.32 ID:
防衛省海上幕僚監部は25日、海自の護衛艦ちょうかいと、米海軍の駆逐艦フィッツジェラルドが同日、日本海で共同訓練を行ったことを明らかにした。

ともに弾道ミサイル対処能力を持つイージス艦で、レーダーで捉えた目標情報を交換し、共有する訓練などを実施した。

日米の艦艇が日本海で共同訓練を実施した事実が公表されることは珍しく、弾道ミサイルへの共同対処能力を示すことで、北朝鮮を牽制(けんせい)する狙いがある。

日米はこれに先立ち、フィリピン海でも原子力空母カール・ビンソンと護衛艦あしがら、さみだれなどによる共同訓練を実施している。

http://www.sankei.com/politics/news/170425/plt1704250039-n1.html

=管理人補足= 

google翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
この動画ニュースはPosted : 2017-04-25 15:49です。

中、北に強く警告「核実験時致命傷着用 "/ YTN
2017/04/25に公開
 
[アンカー]
北朝鮮が今日人民軍創設記念日を迎え、6回目の核実験を強行する恐れが出てきていますが、
中国が官営メディアを総動員して、核実験をすれば致命傷を負うものだ北朝鮮に強力な警告メッセージを送った。

国際部の接続します。チェミョンシン記者!
中国も北朝鮮の動きを注視しているが、強力な警告性メッセージを出したんですって?

[記者]
中国が官営メディアを総動員して、北朝鮮に強力な警告を送った。
中国共産党機関紙人民日報の姉妹紙である環球時報とグローバルタイムズは「一歩後ずさるは臆病なのではなく賢いだろう」という社説を載せて、北朝鮮を圧迫しました。

「核実験をすれば致命傷を負うものである」、「米国が北朝鮮の核施設を攻撃すれば、北朝鮮政権は生死を決定しなければならない」と警告レベルを高めました。

特に米中首脳が昨日電話までしながら、韓半島問題に協力することにしたという点を集中的に浮き彫りにしながらこうであるにもかかわらず、北朝鮮が6回目の核実験を強行すれば致命傷を負うと警告しました。

これらのメディアは、「米国と北朝鮮のチキンゲームが限界に達した」と指摘し、「もし北朝鮮が6回目の核実験をすれば、状況は取り返しのつかない状況になるだろう」と強調しました。

また、中国が北朝鮮を説得しているという主張と一緒に北朝鮮に核交渉のテーブルに出てくることを注文しました。

「北朝鮮が現在までに達成した核成果として、米国と有利な条件で交渉することができ、少し後ろに後退件臆病者ではなく、勇気ある行動」と強調しました。

人民日報も最近米中首脳間の最近の頻繁なコミュニケーションは、情勢急変を防止する次元とし、北朝鮮にむやみに挑発しないように警告しました。

また「中国は国連安保理決議に違反した北朝鮮の核・ミサイル実験に反対し関連決議を厳格に執行する」と強調しました。

中国国営CCTVも今日の午前トップニュースで昨日米中首脳間の電話通話内容を詳しく紹介しながら、韓半島の緊張局面を集中的に伝えました。

こうした中、中国軍が韓半島有事の際を想定して、中朝国境地域の境界を強めて兵力を増強させている海外メディアの報道が相次いでおり、緊張感が高まっています。

これまで国際部でお伝えしました。