(イメージです。)
1:2017/04/19(水) 11:21:47.93 ID:
新日鉄住金は18日、韓国鉄鋼大手ポスコに高級鋼板の製造技術が流出した問題で、

情報を漏洩(ろうえい)した元社員に損害賠償を求めた訴訟の和解が成立したことを明らかにした。

元社員を含む約10人が同社に謝罪した上で解決金を支払った。解決金の額は公表していないが、1人あたりで1億円を超えたケースもあったという。

新日鉄住金は平成24年4月、変圧器などに使う「方向性電磁鋼板」の製造技術を不正に入手したとして、元社員1人とポスコを不正競争防止法に基づき提訴。

ポスコとは、27年9月に300億円の支払いを受け取ることで和解していた。今回の元社員との和解で、技術流出をめぐる訴訟はほぼ終結した。

同社によると、元社員1人を含む約10人が複数のグループに分かれ、約20年間にわたりポスコに情報を漏らしていたという。

2017年4月18日 19時50分 産経新聞
http://news.livedoor.com/article/detail/12952848/