(イメージです。)
1:2017/04/18(火) 12:18:01.77 ID:
北朝鮮で日本との交渉を担当する宋日昊(ソン・イルホ)大使が「戦争になれば日本が最初に被害を被る」とアメリカを支持する日本を牽制(けんせい)しました。

日朝国交正常化交渉担当・宋日昊大使:「戦争になれば真っ先に被害を受けるのは日本だ」

宋大使は平壌にいる日本のメディアと会見し、「私たちに少しでも手をかけるなら全面戦争になりかねない」と述べ、「アメリカと戦争になれば日本も攻撃対象になり得る」と警告しました。
 
http://news.tv-asahi.co.jp/news_international/articles/000098839.html
 
=管理人補足=
ご参考までに。

google翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
この動画ニュースはPosted : 2017-04-18 09:30です。
 
軍、前述艦対地誘導弾の開発を完了...「海上キルチェーン」強化/ YTN
2017/04/17に公開
 
韓国軍が海で北朝鮮の地上ターゲットを破壊することができる「戦術艦対地誘導弾」の開発を完了しました。

防衛事業庁は、2011年から7年の間の研究開発の末、前述艦対地ミサイルの開発に成功したと、来年から量産に入る計画だと明らかにした。

海軍護衛艦に搭載されている戦術艦対地誘導弾は最大射程距離200kmで、弾着地点で装甲車を貫通することができる嘆い何百裂けながらサッカー場2つの面積を焦土化することができます。

既存の護衛艦円地上の目標を打撃する誘導弾はなかったが、今回の戦術艦対地誘導弾が開発され、有事の際、北朝鮮の核 - ミサイル施設を精密打撃する「キルチェーン」電力に含まれるようになりました。

ガンジョンギュ[live@ytn.co.kr]
 
MIZUHO no KUNI 動画↑関連記事
【軍事】韓国軍 対北ミサイル防衛の中核兵器開発=来年にも配備(2017/04/17)
>韓国軍当局が北朝鮮の弾道ミサイルを下層で迎撃する韓国型ミサイル防衛(KAMD)」の中核、中距離地対空誘導弾(M-SAM)システムの開発を終え、早ければ来年にも実戦配備する。軍関係者が16日、明らかにした。