1:2017/04/18(火) 08:45:59.62 ID:
アメリカのペンス副大統領が18日、初めて日本を訪れ、安倍首相らと会談する。ミサイル発射などを繰り返す北朝鮮への対応を巡り、日米の緊密な連携を確認する見通し。

ペンス副大統領「世界はトランプ大統領がシリアやアフガニスタンで見せた力と決意を目撃した。北朝鮮はトランプ大統領の決意や米軍の力を試さないほうがいい」

ペンス副大統領は17日、訪問先の韓国で、ミサイル発射などの挑発を繰り返す北朝鮮を強い言葉でけん制した。18日午後に行われる安倍首相との会談でも、北朝鮮への対応について意見交換を行い、日米が緊密に連携していくことを確認する見通し。

その後、ペンス副大統領は麻生副総理と共に、日米の経済の課題について話し合う日米経済対話の初会合に出席する。貿易赤字の削減を目指すトランプ政権が日本に対し、貿易問題でどこまで具体的な注文を付けてくるかが焦点。
 


以下ソース:日本テレビ 2017年4月18日 06:48
http://www.news24.jp/articles/2017/04/18/10359248.html
 
=管理人補足=

google翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
この動画ニュースはPosted : 2017-04-18 10:04です。
 
フェンス - 安倍今日の会談...北朝鮮の脅威共同対応に焦点/ YTN
2017/04/17に公開
 
[アンカー]
フェンス米副大統領は、今日の日本を訪問します。
安倍首相と麻生副総理と相次いで会談が予定されているが安全保障と経済の問題は、主に扱われることになります。

東京接続します。ファンボヨン特派員!
安倍首相との会談では、いくつかの問題を主に議論することになりますか?

[記者]
安倍首相とはどうしても大きな枠組みの地域安全保障の問題、具体的には、北朝鮮問題について、主に話をすることになります。

フェンス副大統領が日本を訪問し、安倍首相と会うのは今回が初めてだが、今日は昼食を共にしながら懸案について協議する予定です。

安倍首相とフェンス副大統領はこの席で核とミサイル開発に緊張が高まっている北朝鮮情勢について意見を交換する方針です。

安倍首相は昨日、国家安全保障会議を開き、北朝鮮情勢について協議した菅官房長官はこれに関連記者会見で「フェンス副も、北朝鮮が新たな脅威となっているというのに認識を共にしている」と説明しました。

菅長官は続いて「米国と日本は緊密な協力を通じて北朝鮮の挑発行動自制と国連安全保障理事会決議の遵守を強く求めていく」と述べました。

このような言及に見たときに、今日の会談では、これに関連する具体的な会話が行き来ものに見えます。

日本のマスコミは、北朝鮮が弾道ミサイルを相次いで発射し挑発を続ける状況であるため、安倍首相は、今回の会談を、米国との堅固な安保連携を内外に明らかにする機会として活用するものと見られる分析した。

[アンカー]
フェンス副大統領は麻生副総理とも今日会ったか?

[記者]
そうです。安倍首相と昼食会談を終えてからフェンス副大統領は麻生副総理と会う予定です。
当初、今回の会談は、経済分野に焦点が当てられていました。

去る2月トランプ大統領と安倍首相が会ったときに、両国の経済対話の新しい窓口を作ろうと合意した後、これに伴う最初の出会いの意味があるからです。

会話の議題は、経済政策、インフラ投資とエネルギー分野での協力と貿易と投資に関するルール作りなど、大きくつに要約されます。

今回の会談では、これに対する大きな枠組みの方向性を確認する場になるという見通しが出てきています。

しかし、トランプ大統領がよく為替レートのため、米国経済が被害を受けているという言及があったのでフェンス副大統領が今回の会談で為替問題を取り出す可能性もあり見えます。

経済対話の中で、日本が最も心配しているのはまさに貿易分野です。

トランプ大統領が貿易赤字削減のための大統領令に署名しただけこれと関連し、日本の具体的な要求をする可能性が少なくないからです。

これまで東京でYTNファンボヨンです。