(イメージです。)
1:2017/04/18(火) 08:31:08.11 ID:
スパイサー米大統領報道官は17日の記者会見で、北朝鮮の一連の挑発行動に対して「トランプ大統領は『レッドライン(越えてはならない一線)』を引かない」と述べ、軍事行動などに踏み切る基準を明確にしない立場を示した。その上で「適切な時に断固たる行動を取る」と改めて強調した。

トランプ氏は、シリア・アサド政権の化学兵器使用疑惑について「一線を越えた」と非難し、シリアを攻撃した経緯がある。一方でトランプ政権は現在、中国による対北朝鮮圧力の効果を注視しており、「レッドライン」で選択肢が制約されるのを避ける狙いがあるとみられる。

スパイサー氏は「中国は北朝鮮問題で積極的な役割を演じている。彼らは政治的にも経済的にも圧力をかけ続けることができる」と指摘。北朝鮮の核保有は誰の利益にもならないという一致があるとして、中国と協力していくと明言した。 

ソーントン国務次官補代行も17日の電話記者会見で、「中国から多くの前向きなシグナルを得ている」と述べた。また、経済制裁などが効果を上げるには時間がかかるとの見方を示した。

北朝鮮との対話の可能性については「北朝鮮が対話に真剣であることを示す具体的なシグナルに焦点を置いている」とした上で、そうしたシグナルはないと語った。

以下ソース:時事通信 2017/04/18-06:42
http://www.jiji.com/jc/article?k=2017041800196&g=int
 
=管理人補足=

google翻訳です。読みにくい部分もありますが、ご了承下さい。
この動画ニュースはPosted : 2017-04-18 07:47です。
 
美 "北行動良いこと...適切際きっぱり行動" / YTN
2017/04/17に公開
 
[アンカー]
朝鮮半島情勢の緊張が高まっている中で、米国政府が北朝鮮を連日圧迫しています。
トランプ大統領は、北朝鮮に「よく行動せよ」の警告し、ホワイトハウスも、北朝鮮に「レッドライン」はありませんが適切とき行動に出ることを明らかにしました。
ワシントンでキムヒジュン特派員です。

[記者]
ホワイトハウスで行われたイースターイベント会場、
ドナルド・トランプ大統領に北朝鮮に対するメッセージを聞くと、短い答えが返ってきます。

[ドナルド・トランプ/美大統領:
(北朝鮮に対するメッセージはありますか?)(北朝鮮が)よく行動しますよ。]

北朝鮮の核とミサイル挑発を容認しないという言葉に聞こえます。

ホワイトハウスは、「戦略的忍耐政策」は終わったと、北朝鮮の重ね警告状を日ました。

また、北朝鮮の挑発に設定した禁止線、いわゆる「レッドライン」はありませんがトランプ大統領が適切であると判断したときに明らかに行動するだろうと強調しました。

[ショーンスパイで/ホワイトハウスのスポークスマン:
トランプ大統領が北朝鮮に対して砂場にレッドライン(禁止線)を引かはないでしょう。しかし、シリア空襲で示すように、適切時の行動をとることです。]

北朝鮮に対して政治的、経済的に影響力の大きい中国の役割も改めて促した。

トランプ政府は対北朝鮮強硬基調の中、中国をテコに、北朝鮮の核問題を解決するという戦略をさらに鮮明にしています。

米国と北朝鮮の一寸の譲歩のない強大川対峙構図の中に、北朝鮮が先にどのようなカードを取り出したちか注目されます。

ワシントンでYTNキムヒジュンです。