(イメージです。)
1:2017/04/08(土) 09:26:04.36 ID:
【ソウル=宮崎健雄】

長嶺安政・駐韓大使は6日、ソウル市内でビンセント・ブルックス在韓米軍司令官、米国のマーク・ナッパー在韓代理大使と会談し、弾道ミサイル発射などを繰り返す北朝鮮に対し、日米韓の連携強化が必要との認識で一致した。

日米外交筋が7日明らかにした。
 
長嶺大使らは、北朝鮮の核ミサイルに実践的に対応するため、日米韓の合同訓練を戦略的なレベルに引き上げる重要性について一致。米側は日韓軍事情報包括保護協定(GSOMIA)が日米韓の枠組みでも重要だと指摘した。
 
ただ、長嶺大使は、4日に帰任した後、韓国大統領代行の黄教安(ファンギョアン)首相や韓民求(ハンミング)国防相らに面会を要請したが実現していない。
 
2017年04月08日 08時24分
http://www.yomiuri.co.jp/politics/20170408-OYT1T50046.html