1:2017/04/04(火) 09:17:23.49 ID:
(写真)


ソウル・江南(カンナム)の有名クラブで日本人観光客を性暴行した疑いで、30代の会社員が警察に捕まった。

ソウル・江南警察署は3日、A容疑者を性暴行犯罪の処罰などに関する特例法上類似強姦容疑で書類送検したと明らかにした。

A用yぎしゃは去る2日未明、ソウル・江南の某クラブで酒に酔った20代の日本人観光客・Bさん(女)を抱きしめるなど、類似性行為をした疑いを受けている。

A容疑者は、Bさんの悲鳴を聞いたクラブの警護員によって警察に引き渡された。

A容疑者は警察の調査で、「Bさんとは合意の下でスキンシップをした」と容疑を頑なに否認している。

Bさんは3日に出国する予定であり、実際に出国したかは確認されていないと警察は伝えた。

警察は早期のうちにクラブの関係者を呼び、事件の経緯を調査する予定である。

警察の関係者は、「クラブに設置された監視カメラに犯行の様子が撮れておらず、被疑者は容疑を否認している状況」と言いながら、「逮捕状の請求など、身柄処理の有無については考慮していない」と伝えた。

ソース:NAVER/ソウル=NEWSIS(韓国語)
http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=102&oid=003&aid=0007868403