経済 

1
:2014/05/19(月) 11:13:26.13 ID:
実質的な失業者316万人 政府統計の3倍超=韓国

【世宗聯合ニュース】
韓国の実質的な失業者は政府統計の3.1倍の316万人に上ることが19日までに分かった。

統計庁は先月の失業者を103万人と発表している。
しかし、統計庁の失業者に含まれない、
▼労働時間が週当たり36時間未満の不完全就業者のうち追加就業希望者(33万3000人)
▼非経済活動人口のうち就業希望者(56万5000人)
▼59歳以下で休んでいる人(86万2000人)
▼求職を断念した人(37万人)
――を加えたより広い概念の失業者は316万人となる。

統計庁が4月の失業率を3.9%とするのに対し、実質的に失業状態の非経済活動人口を経済活動人口に含めた場合の失業率は11.1%に達することになる。

実質的な失業者数は2012年の297万8000人から2013年に298万4000人と増え、今年は300万人を超えている。実質的な失業者を含めた失業率は2012年が10.9%、2013年が10.8%、今年は11%台で推移する。

政府が最近の雇用状況は改善していると主張するにもかかわらず、就職の難しさを訴える声は依然強い。一因には、このように公式な統計と現実とがかけ離れていることがある。

実質的な失業者のような統計の「死角」は、雇用政策の恩恵が行き渡らず失業問題を悪化させることにつながりかねない。そのため統計庁は、失業率の補助となる新たな指標を11月に発表する方針だ。国際労働機関(ILO)が掲げる補助指標の国際基準に基づくもので、不完全就業者や潜在的な労働力などを考慮した指標となる。

朝鮮日報 2014/05/19 10:30
http://www.chosunonline.com/site/data/html_dir/2014/05/19/2014051901144.html