韓国 朝鮮 歴史

1
:2014/05/18(日)14:44:59 ID:
朝鮮時代のどの晶升の肖像画のような写真な点と、今日の延世大切った中年紳士の写真が並んでかかっている。濃い眉毛と垂れた目尻、広い下顎と一直線に私の唇。一点の肖像画と一枚の証明写真であなたは今何を感じた。

肖像画の主人公は「悟性と漢音」でよく知られている城の大感謝イハンボク先生です。
そして、証明写真の主人公はイハンボクの13貸倒引イジョンゴン前水原人文大学長である。

16世紀を生きたイハンボクと21世紀を生きているイジョンゴン前学長は、5世紀を超えた二人の間には何の相関関係があるのだろうか。時代を超えて、二人をこんなにも似て見えるようにすることは何というのか。その答えを、去る9日、第120回国民講座で見つけることができた。

ジョヨンジン顔研究所長は9日夕方、第120回国民講座講演者として招待され、「古代時代以前のアジア人と北欧人の交流」について話した。150人余りの市民の前でチョ所長はこう言った。

「容姿を特徴づける遺伝子の数は極めて少ない。そうしたら世代を離れているように類似することができるのだ。容姿遺伝子は、元素のように変わらない重要な情報源だということだ。
これにより、韓国人の容姿的特徴が指標上でどのように接続されているを把握して、我々は過去の歴史の中のどこから来たかも逆に追跡を試みることができる。 "

顔の先生」で有名なチョ所長は、顔立ちを使って韓国人の起源を見つけることができると主張した。顔がすぐに私の容??姿の遺伝子、すなわちDNAが発現された看板は、それ自体ということだ。

チョ所長はこれに先立ち、2つの前提を聞いた。

1。氷河期以前にも、韓半島の人々が住んでいた。
2。これらシベリア全域に分布している。

「シベリア東洋人とヨーロッパ人は、過去の行き来が自由だった。ところが、2万5千年前に大幅説が下がって1万5千年の間に断絶された。その結果、シベリアの東に住んでいるアジア人と西に住むヨーロッパ人の顔が変わった。 「顔」というものが大したことないようだが、その過程を見てみると驚異的な過程があることを知ることができる。 "

>>2に続く